デート中に告白して振られる人の特徴4個

デート中に告白して振られる人の特徴4個

一日楽しくデートして、いざ告白…と思ったら、まさかの振られたなんて展開、経験ありますでしょうか。

楽しい一日だったはずなのに、振られる人はなぜ振られてしまうのでしょうか。

その特徴をご紹介します。

1.デート中に女性らしさ、男性らしさを感じなかった

デート中はお互いに楽しく遊ぶ時間とはいえ、無意識のうちではありますが、

相手がどのような人なのか見定める目を持ってしまうものです。

この人はどんなところが魅力的なのか、相手を評価します。

異性と付き合うにあたって、すぐに別れるなんてことを避けるためにも、

特に慎重派な人は「この人と付き合うことになっても大丈夫かな」と思い、その人のことをよく見ようとするものです。

もしその人が職場仲間であれば、職場とは違って意外な一面も見えてきます。

その意外な一面が魅力的なものであれば良いのですが、逆の場合は幻滅されてしまいます。

女性らしい上品な振舞いに欠けていた、意外となよなよしていて頼りなさそうな男性だったなど、

自分が思っていたのと違った像が見えてくると、「やっぱりこの人とは付き合えないかも…」と思われてしまうことがあります。

この場合、いざ告白となっても、断られしまうことが多いですね。

2.軽そうな印象を持たれている

デートとはいえ、相手をただの都合の良い遊び相手だと思っている場合は、本気で思いを伝えても断られてしまいます。

その場合、その人自身も「遊び相手」と思われるような軽そうな印象をもともと持たれている場合が多いのです。

男遊び、女遊びが激しそうな印象がある人とは、デートしてもその後本気で付き合いたいとはなかなか思えませんよね。

軽そうな印象を持たれてしまっている人は、

なかなか本気で付き合いたいと思って告白しても、うまくいかないことが多いです。

3.勘違いな態度を取る

まだ付き合っていない二人がデートする場合、それはお互いのことを意識したうえでの「お試し」であることが多いです。

なので、その駆け引きの中で既に付き合っているような感覚で勘違いな態度を取ってしまう人は、

逆に引かれてしまったり警戒されたりして、告白しても振られてしまうことが多いです。

二人の距離を詰めるのも、お互いにテンポが合わなければなかなか成立していかないものです。

一方だけが強引に恋人のように振舞い出しても、相手には違和感を持たれてしまうことがあります。

4.趣味嗜好が独特

デート中にはいろいろな会話で盛り上がることでしょう。

相手の趣味嗜好の話になり、話を聞いてみると、あまりに独特すぎて考え方についていけない…なんて、

印象を持たれることがもしあったらどうでしょうか。

そんな相手と付き合うと考えると、少し躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。

一日デートしてみた結果、趣味がまったく合わないと感じられてしまった場合は告白してもうまくいかないことがあります。

自分が知らない趣味でも歩み寄れそうなことならいいのですが、

あまりに独特すぎて無理だと感じられてしまっては、なかなか付き合うまで発展するのは難しいでしょう。

デートしてたくさん話してみなければその人の趣味嗜好はわからないので、

蓋を開けてみたら独特すぎた…なんて人は、残念ながらデート中に告白しても振られてしまうことが多くなってしまいます。

デート中に告白して振られてしまった…そんなときは、デート中に何か問題があったケースがほとんどです。

デートをするというところまでは発展しているのですから、

そこまではOKでも、デート中に相手が付き合うことをためらってしまう要素があったのです。

付き合っていないうちのデートは、恋人同士に発展するかもしれないという大きなチャンスですので、

自分の魅力をたくさん相手に沢山知ってもらえるように心がけましょう。

デート中に告白して振られる人の特徴4個の関連記事