あなたの身の回りにすぐ怒る人はいませんか?大したことでもないのに急に怒り出したり、機嫌が悪くなったり対応に困ることが多いですよね。

またあなた自身も起こりやすいタイプではありませんか?今回は「すぐ怒る人の心理」について見て行きましょう。

すぐ怒る人にはどんな心理で怒っているのか詳しく紹介していきます。

1.自分の思い通りにならないと気が済まない

すぐ怒る人は自己中心的な人が多いです。

自分の思い通りにならないと気が済まないのです。

例えば、お願いしていたことを自分が思っていた通りに相手ができていないと相手がしてくれたことに感謝の気持ちを持つのではなく、相手ができないことに対して怒りを感じ、説教をはじめます。

説教が終わった後もネチネチと言って来ることが多いでしょう。

自分が損する状況、不利な状況をとても嫌います。

全ての物事が自分中心で考えているので、うまくいかないと怒り出すのです。

2.自分の意見が正しいと思っている

すぐ怒る人は自分の意見が一番正しいと思っています。

プライドが高い人が多く、相手から意見されたり、指摘されると機嫌を損ない、怒り出すことが多いのです。

自分のプライドが貶された、バカにされたと思い、すぐに態度に出てしまいます。

どんなに自分が悪いことをしても言い訳をして他人のせいにしたり、責められると逆ギレしてしまうことも少なくありません。

3.相手の話を聞かない

すぐ怒る人は人の話を聞きません。

2の項目でも述べた通り、自分の意見が一番正しいと感じているので相手の意見を聞き入れようとはしません。

自分の意見よりも相手の意見が優れていると分かっていても聞き入れようとはしないし、相手が褒められるとすぐ怒られる人は面白くないと感じ、相手をけなしたり、怒り出すこともあります。

自分の意見が一番で他人の意見は聞いても意味ないと思っています。

特に一回機嫌を損なってしまうと相手の話を全く聞こうとはしないので、対応に困ります。

他にも全て物事を自分で判断し、他人からの忠告やアドバイスも聞き入れようとはしません。

自分のやっていることが全て正しいという自信を過信な自信がこのような行動につながっているのです。

4.物事がうまくいかないことが多く、八つ当たりしている

すぐ怒る人は、他人に八つ当たりしている可能性があります。

物事がうまくいかず、たまたまそこにいた相手にその怒りをぶつけている可能性があります。

物事がうまくいかないのが自分のせいであっても、イライラしてしまい、ついつい他人に八つ当たりしてしまうことってありますよね。

我慢が足りない人は特に八つ当たりする傾向があります。

物事が順調にいかず、他人の粗探しをし、八つ当たりする場所を探している人もいます。

八つ当たりは相手にとっても不甲斐なことであり、周りの空気も悪くしてしまいます。

相手に八つ当たりすることは避けましょう。

5.ストレスや疲労が溜まり、心に余裕がない

ストレスや疲労がたまると気持ちに余裕が持てませんよね。

そんな時に相手から気分を損なうことをされると普段許せることでもイライラしてしまい、起こってしまうことがあります。

すぐ怒る人の中にはこのように疲れやストレスから気持ちに余裕を持つことができなくなり、些細なことでも怒りやすくなる状況になってしまう人がいます。

ストレスや疲労がたまり、気持ちに余裕を持てなくなることは誰にでもあることですよね。

たまには、体をしっかり休めて、心身ともにリフレッシュしましょう。

6.相手を見下している

すぐ怒る人は相手を見下している可能性があります。

相手をバカにして、相手の能力を低く見ているので相手が怒るようなことをすると相手をけなすような怒り方をします。

「何も出来ないやつ」「能力がない」のように相手を見下すような侮辱や能力がない人間と決めつけ、相手をバカにしています。

人間は完全な人間はいません。

短所はありますし、失敗はたくさん経験します。

相手を見下すことは大間違いです。

7.精神的に情緒不安定

精神的に情緒不安定な人は急に怒り出したりします。

少しでも自分の気に障ったり、些細なことでも気になってしまい、怒り出してしまいます。

情緒不安定な人は他の人よりもデリケートな心を持っています。

相手とのやりとりもほんの小さいことが気になってしまいます。

また気持ちが不安定なため、我慢をしたり、気持ちをコントロールすることが出来ずに怒りだしてしまうようです。

すぐ怒る人の心理を見てきましたが、いかがでしたか?性格や日頃の疲れやストレスによるものなど様々な心理背景があります。

自己中心的な性格は自分自身が変わろうとしなければ、すぐ怒る性格を治すことはできませんが、日頃の疲れやストレスによるものはリフレッシュをする時間を作ることで改善をすることが出来ます。

また疲れやストレスによりすぐ怒ってしまう状況になってしまうのは誰にでもあり得る状況なので気をつけましょう。