彼女に喜ばれる呼び方3個

彼女に喜ばれる呼び方3個

自分の彼女を「オイ」なんて呼んでいる人、気をつけた方が良いですよ。

呼び方一つで彼女の機嫌は全然違います。

今回は彼女に喜ばれる呼び方についてご紹介します。

1.彼女だからこその「ちゃん」付け

友達同士でも、下の名前に「ちゃん」をつけて呼ばれている人は多いですよね。

けれども、恋人から「○○ちゃん」と呼ばれるのとはまた違います。

恋人から名前+ちゃん付けで呼ばれる人というのは、

周りの人からして見ても「きっと可愛がられているんだな」「愛されているんだな」と感じる事が出来ますよね。

小さな子供を呼ぶ時には、男の子であっても女の子であっても、

下の名前にちゃんを付けて呼ぶことがありますがとてもかわいらしい呼び方で愛情込められている感じがしますよね。

友達からちゃん付けで呼ばれる事に慣れている人は、

彼氏からちゃん付けされたところで特別変化がないといった人もいるかもしれません。

けれども長く付き合いが続けば続くほど「ちゃん」を付けて呼ばれる事に、

相手の愛情を感じ取る事が出来て喜びを感じることでしょう。

2.呼び捨てもOKだったりする

人によっては自分の事を呼び捨てされることを「馬鹿にされている」と感じる方も多くいます。

彼氏と彼女の関係もそれと同じで、お付き合いがはじまったとたんに、

彼氏に自分の事を呼び捨てにされてしまったら、彼女としては「急に何なの?」と思う人もいるでしょう。

その一方で、呼び捨てされる事によって彼氏との距離が近くなったと感じる女性も沢山います。

彼女だからこそ、彼氏には呼び捨てにされたいという願望を持っている女性にとって、

彼氏から呼び捨てにされる事は喜びでしかないですね。

彼女の特権、彼氏の所有物として扱われているような感覚を好む女性もいるという事です。

自分の子供を呼ぶ時に親は呼び捨てで呼んだりしますね。

なぜならそこまでの関係があるからです。

人様の子供に対して呼び捨てするのはとても失礼な事ですが、自分の子供に対してはそうではないですね。

むしろ、呼び方によって感情が伝わり易い事もあります。

彼女に対して少し強引にでも自分の気持ちを伝えたい時などは、

呼び捨ての方が効果的であり、彼女からしてみても気持ちが揺さぶられるきっかけにもなるでしょう。

3.丁寧に「さん」付けも心地良い

まるで友達のような感覚で付き合いがはじまったカップルの場合、

恋人関係になったとしてもなかなかそこから抜け出す事が出来ないという事もあるでしょう。

男友達を呼ぶように呼び捨てで接していたという場合には、

恋人同士になってからもそのまま呼び捨てで通してしまう方が楽ですよね。

けれど、それで彼女が喜んでいるかといったら、そればかりは本人に聞いてみないと分からない事でしょう。

彼女としては、せっかく友達から恋人の関係に進む事が出来たと思っていたのに、

それまでと何も変わりないことに対して、もしかしたら不満を感じているかもしれません。

そんな彼女に対しては名前の下に「さん」を付けて呼んでみると良いですよ。

普段呼び捨てで呼ばれているのに、急に「○○さん」と呼ばれたら、とても丁寧に自分の事を扱ってくれたと感じるでしょう。

自分以外の女性に対しては「○○さん」と呼んでいるのに、

自分だけは男友達を呼ぶように呼び捨てにされている場合、

彼女の立場にいるのは自分なのに他の女性の方が大切に扱われているように感じているかもしれません。

フランクに付き合うのも良いですが、たまには「○○さん」と呼んであげて、

いつも以上の優しい態度で接してあげると良いですね。

2人だけの呼び方で

恋人同士の関係になって、自分の事をどんなふうに呼んで欲しいのか、

相手の事をどんなふうに呼んだら良いのか、最初に2人で話し合うとその後の関係はスムーズに行きますよ。

中には2人だけの愛称で呼び合うことで仲を縮めるカップルもいるでしょう。

お付き合いをきっかけに、2人だけにしかわからない愛称を決めて呼び合うのもとても幸せなことですね。

彼女に喜ばれる呼び方3個の関連記事