出世街道を進む人の特徴4個

出世街道を進む人の特徴4個

会社や組織で働いていて、順調に地位を高めていく人がいます。

出世できない人、同期におくれを取ってしまっている人、

途中まではよかったものの、あるポジションで出世がぴたりと止まった人にとっては、なんともうらやましい存在と言っていいでしょう。

ここでは順調に地位を高めていく出世街道を進む人について、どんな特徴があるのか見ていきます。

1.まじめで正直

最初のうちは人よりが早く出世できたのに、あるところで停滞してしまう人がよくいますが、

そういう人は性格に問題があるケースが少なくありません。

順調に地位を高めていくために欠かせないのは、周囲の人から信頼されることです。

人から信頼されるには、人間的に高い評価を得る必要があると考えていいでしょう。

では、どういう人間性が信頼に結びつくのか。

それは「まじめさ」と「正直さ」です。

例えば、営業職のような花形のセクションで、華々しい仕事ぶりを発揮する場合でも、

その根本には仕事に対する真面目なひたむきさがなければなりません。

華やかさに浮かれてしまうような性格では周囲から信頼を得ることはできません。

また、正直というのも、信頼を得るために欠かせない要素でしょう。

つまり、そのまじめさと正直な性格によって人から信頼を得ることができるのが、出世街道を進む人の特徴です。

2.社内に敵を作らない

出世街道を進むためには、社内的に良好な人間関係を作る必要があります。

例えば、直属の上司との折り合いが悪く、上司から嫌われている人は、

たとえ仕事ができたとしてもなかなか上に行くことができないでしょう。

ですから、周囲の人、特に上司と良い関係を作ることが、出世するためには不可欠な要素です。

ただし、上司とだけうまい関係を作れたとしても、社内の別のセクションに敵がいて、

その人がある程度力を持つようになると、出世街道の道のりはけわしいものになりかねません。

あるところまでは出世できても、その敵のために停滞してしまう、

あるいは、場合によっては左遷されてしまうということもありえるでしょう。

ですから、順調に出世街道を進む人には、そのように足をすくわれるような敵がいないという特徴があります。

3.健康で体力がある

どんなに仕事ができても、どんなに人から信頼される人がらであっても、

どんなにうまく人間関係を作れても、大病をするなどして、

仕事を満足に続けられなくなったのでは、出世街道を進むことはできません。

大病をすることはなくても、病気がちだったり、体力が劣っているために、

仕事できる時間が制限されるような人は、やはり順調に出世を続けることはむずかしいでしょう。

ですから、出世街道を進む人には、健康体で体力があるという特徴があります。

そのために、健康的な生活を心がけている人が、順調に出世を続けることができると考えていいでしょう。

4.ストレス耐性が強い

社会的地位が上がれば上がるほど、その責任は重くなりますし、

マネジメントする部下が多くなればなるほど、精神的な負担も大きくなります。

つまり、出世をすればするほど、精神的につらくなると考えていいでしょう。

それだけストレスを感じることが増えるわけです。

ありがちなのが、そうしたストレスに負けて、うつ状態になったり、仕事に対する気力が衰えてしまうこと。

やる気を失ってしまったのでは、出世街道をそれより先に進むことはできません。

ですから、順調に出世を続けていくためには、

次第に大きくなるストレスに負けないだけのストレス耐性を持っている必要があります。

ストレス耐性が強いこと、これが出世街道を進む人の特徴ということになるでしょう。

いかがでしたか。

順調に出世をしていくためには、仕事ができなくてはなりませんが、それは言うまでもないことでしょう。

ここでは「仕事ができる」ということ以外の、出世街道を進む人の特徴を紹介してきました。

出世を望む方は参考になさってください。

出世街道を進む人の特徴4個の関連記事