サレ妻の悲しい特徴3個

サレ妻の悲しい特徴3個

夫に不倫をされてしまった妻、「サレ妻」。

不倫は家庭の崩壊のきっかけになるので、絶対にされたくないものです。

しかし、不倫をされてしまう側に特徴があるとしたらどのようなものがあるのでしょうか。

1.家庭を妻が支配していて夫に発言権がない

かかあ天下という言葉がありますが、一見奥さんがしっかり家庭の中で意見を言える上に、

夫を管理しているのは、悪いことではないようにも思えます。

一説によると、やや妻の方が夫より強いくらいの方が家庭がうまくいくとも言われています。

しかし、それも度が過ぎて、夫が家庭に居場所がないと感じるほど妻の発言権が強いと、

夫は息苦しさを感じて妻以外の女性に安らぎを求めるようになってしまいます。

不倫に至らなくても、妻が自分の悩みや弱さを受け止めてくれるような人でない場合、

男性は職場や職場外で出会った優しい女性に悩みを打ち明ける程度の代償行為を行っている人はたくさんいます。

その延長で不倫に走ってしまう人も当然いるのです。

サレ妻の特徴には、夫に発言権を与えず、夫の立場をないがしろにしているという特徴があります。

2.セックスレスである

女性はセックスレスであっても夫への愛情が変わらない人も多いですが、

男性は性的関係が無くなると愛情も冷めてしまう人がいます。

妻が病気など、仕方がない事情を除いて、ただ何となく面倒などという理由でスキンシップを怠っていると、

夫はその欲求を満たしてくれる他の女性に走ってしまうこともあるでしょう。

最近は女性用の風俗なども商売としてはあります。

が、圧倒的に男性を顧客対象とした風俗店の方が多いです。

それというのも、男性の方が性的欲求が強い上に、

女性より性的交渉に及ぶ相手の対象に関して、ストライクゾーンが広いと言えます。

本来既婚者が妻以外の女性と性的関係を持つのは不貞行為に当たりますが、

この先ずっと妻とはセックスレスかもしれないと思った時、

男性は不倫の道に足を踏み込んでしまうこともあります。

既婚男性が不倫相手に多くの確率で言っているセリフとして、

妻とはセックスレスという話をするのはお約束になっています。

妻にずっと拒絶されているという男性が多いと考えられ、

サレ妻は夫とのセックスを拒否していることが特徴と言えます。

3.料理が下手

夫の心をつかみたければ胃袋をつかめという格言もあるように、

妻が作る食事がおいしいというだけで夫は家に帰りたくなるものです。

しかし、妻が料理下手というのは、夫にとっては死活問題です。

健康管理の一つでもあり、食べることは多くの人にとって人生の楽しみの一つでもあるので、

その一つが苦痛であるという事は愛情にも影響が出るでしょう。

そんな時に、たまたま妻以外の女性がお弁当を差し入れてくれたものが、

美味しかったという出来事に遭遇すると、

男性はそれだけで作った女性に愛情や温かさを感じてしまう可能性もあります。

また、家に帰るとまずい飯が待っていると思うと、必然的に外食の機会が多くなる男性もいます。

外食に他の女性を誘ったり、また、外食先のお店で出会いがあるという可能性も否めません。

サレ妻は夫に食事がまずいことを指摘されても改善する努力をしなかったり、

そもそも不満を言えない状況を作っていることも考えられ、家庭の居心地を悪くしているという特徴があります。

料理上手になるということは、夫の心をつかんでおくことに大変有効です。

サレ妻は、家庭内で自分の価値観ばかりを夫に押し付け、夫を尊重せず、

居心地の良い空間を作る努力をしていないという特徴があります。

同時に、注意を受けても聞かない、改善意欲がないという事も挙げられます。

いかなる理由があっても不貞行為はいけないことですが、

会社でも家庭でも我慢ばかりでは、夫は他に居場所を求めてしまう可能性があります。

サレ妻の悲しい特徴3個の関連記事