今回のテーマは「理詰めで責める人の特徴」を紹介していきます。

理詰めで責められると反論しにくかったり、どうしようもない気持ちになりませんか。

相手のことを思って意見したことでも理詰めで責められると自分が悪いしたような気分になります。

理詰めして責める人にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

1.上から目線で話してくる

理詰めで責める人は、上から目線で話してくる人が多いです。

そのため口調が少しきつく、一緒にいると嫌な気分になってしまいます。

相手を見下すような態度で正論や自分の知っていることを相手を馬鹿にするように知識を見せびらかすような口調で話します。

相手の気持ちを考えず、自分のことのことばかり考えている証拠です。

他人の気持ちに配慮することなく、相手よりも優位に思っているが上に上から目線で話していると言えます。

2.自分の意見が正しいと思っている

理詰めで責める人は、自分の意見が正しいと思っています。

他人の話を聞かず、自分の意見を押し通そうとします。

基本的に他人の言うことを受け入れたり、信用しようとはしません。

物事の判断や考え方は、自分が基準。

周りにもそれを押し付けます。

自分が決めたことに自信があり、正しいと思い込んでいます。

理詰めで責める人は正論ばかり並べて、自分が正しいとばかりに相手を責めますがよく聞いて見ると知識が浅い場合が多く、強い口調で相手を責めることで反論できない状況を作ります。

また、相手が自分より優位に立つことも恐れています。

自分の考え方に自信がありますが、相手が優位に立ち反論されると何もできなくなる特徴があります。

3.コミュニケーションを取るのが苦手

理詰めで責める人はコミュニケーションを取ることが苦手です。

相手に自分の意見を伝えたり、聞き入れたりすることがうまくありません。

そのため、上から目線で相手に理詰めして責めることで自分の意見を伝えようとしたり、正論ばかり述べてきます。

また感情を表に出すことが苦手だったり、協調性がありません。

人とのコミュニケーションをとることが苦手なため、人からバカにされないように必死になって理詰めで相手を責めて自分の地位を守ろうとしています。

理詰めで責める行動が相手からの信頼を失っていることに気づいていないことが多いです。

4.視野が狭い

理詰めで責める人は視野が狭いです。

自分の意見が正しいと思っているので相手の意見を取り入れたり、考え方を広げようとはしません。

また自分のしてきた経験、学んだ知識が全て正しいと自信を持っています。

正論ばかり並べて話していますが、正論だけではどうにもならないことが多いですよね。

視野が狭いので理詰めで責める人は最終的には行き詰る人が多いです。

臨機応変に物事を対応したり、色々な角度から物事を見たら考えてみようとせずに狭い視野で物事を判断すると最終的に困るのは自分です。

5.プライドが高い

理詰めで責める人はプライドが高く、常に自分の地位を守ることを優先しています。

相手に助言されたり、アドバイスされると相手からプライドを傷つけられたと思い、理詰めで相手を責めます。

また、相手に何かお願いをしていた時にうまくいかなかった時も同様です。

きちんと依頼したことをできなかったことに相手を正論をぶつけ理詰めで責めます。

誰しも失敗することはありますよね。

自分が失敗すれば、言い訳の言葉を並べて理詰めでその状況を切り抜けようとしますが、相手の失敗はそうはさせません。

自分の失敗は棚に上げて他人の失敗には口を挟みます。

6.物事を柔軟に対応できない

理詰めで責める人は、視野が狭いために物事を柔軟に対応することができません。

自分の考え方や経験でしか物事を見ることができないので、予定外の状況になるとパニックになることもあります。

また臨機応変に対応できないことで不具合があると理詰めでその状況を切り抜けようとしたら、相手を責めて誰かのせいにしようとします。

協調性や思いやりにもかかるので誰かに助けを求めようとしても手助けしてくれる人がいない場合もあります。

正論ばかり述べても正論通りにいかないことが多いです。

しかし、理詰めで責める人はそのことに気づいていなく、自分の経験や考えたで判断し、切り抜けようとしています。

7.考え方が白黒はっきりしている

理詰めで責める人は考え方が白か黒かではっきりしています。

曖昧なグレーゾーンはなく、白黒はっきりしていない考え方は嫌いです。

相手が曖昧な回答をすると理詰めで相手を責めて意見を求めようとします。

サバサバした性格でわかりやすいのですが、白黒はっきりしていなければならないという考え方で周りを巻き込んでしまいます。

周りの迷惑も考えて欲しいです。

理詰めで責める人の特徴を見てきました。

プライドが高く、自分で物事を決めてしまう特徴があります。

正論ばかり述べてもその通りにいかないのが現実。

広い視野で他人の意見なども聞き入れるようにして欲しいですね。