眉をしかめる人の特徴4個

眉をしかめる人の特徴4個

をしかめている人は、一見、恐そうに見えますよね。

眉をしかめる人は気難しそうに見えますが、実際はどのようなタイプの人で、どんな言動をするのでしょうか。

眉をしかめるしかめっ面の人に見られる特徴にはどのようなものがあるのでしょう。

1.感情のコントロールが苦手

眉をしかめる人は、イライラや怒りを抑えることが苦手で人前で感情的になってしまう人が多いです。

眉をグッとしかめることにより、なんとか感情を押さえようとしている時もあるでしょう。

自分の気持ちを必死に各層としてもごまかすことができません。

不機嫌な気持ちを表情に表してしまうことは、周囲を不快な気持ちにさせてしまうかもしれません。

人付き合いをうまくこなしていく為には、感情をコントロールすることも必要でしょう。

つい感情的になってしまいそうな時には、負の感情が顔に現れないように、

ゆっくりと呼吸をしてみたりして自分なりの心を落ち着かせる方法を見つけると良いでしょう。

2.人づきあいが苦手

眉をしかめる人は、近寄りがたい雰囲気をかもし出しています。

人と接するのが好きな社交性のある人であれば、いつも笑顔で人が集まる雰囲気を持っているでしょう。

まゆをしかめて近寄りがたい雰囲気の人は、自分から周囲の人と一線を引こうと無意識にしています。

眉をしかめていれば、多くの人は話し掛けづらいと感じてそばに寄ってこないでしょう。

じっと黙って眉をひそめて難しい顔をしている方が、自分のペースでいることができると感じているのかもしれません。

人と接するのが苦手だが、もっと積極的に人付き合いができるようになりたいと願うのであれば、

まずはしかめっ面をやめて笑顔でいるよう心掛けるとよいでしょう。

3.周囲に不快な気持ちをアピールしている

眉をしかめる人は、その不機嫌な表情により自分の気持ちを相手にわかって欲しいと思っている場合もあります。

しかめっ面をしていたら、「何か嫌なことでもあったのかな?」と周囲が心配してくれることもあります。

眉をしかめた不快な顔をすることで、「どうしたの?」と誰かが心配して声を掛けてくれるのを心待ちにしているのかもしれません。

困ったことがあった時に、自分から助けを求めることができないけれど誰かに助けを求めたい気持ちを、

眉をしかめることにより周囲にアピールしています。

まるで子供が泣いたり拗ねたりしているかのような「かまってちゃん」だとも言えるでしょう。

4.くよくよ悩む心配性

眉をしかめる人は、あれこれ心の中に悩み事を抱えていて困っていることが多いです。

楽観主義の人の場合には、何か困ったことがあったとしても「なんとかなるさ」の考えで笑顔で乗り切るでしょう。

心配性でいろいろなことを深く考える性格の人の場合には、

あれこれ悩んでネガティブな心理が働き、無意識に眉をしかめてしまいます。

悩みを人に相談することができずに自分一人で抱えているタイプの人は、よりしかめっ面になりやすいでしょう。

4.眉をしかめるのが癖になっている

眉をしかめる人は、困った時やイライラした時に眉をしかめることに慣れてしまって定着化し癖になってしまっている人が多いです。

癖になってしまうと、不機嫌ではない時にもいつの間にか眉をしかめているようになってしまいます。

普通の表情をしているつもりでもしかめっ面に見えてしまっては、周囲の人からいつも不機嫌な人だと思われてしまいます。

眉間にしわが寄ってしまったり、表情筋が衰えてしまったりするので、意識して笑顔を作るようにすると良いでしょう。

意識して笑顔を心がければ、いつの間にか、笑顔になるのが癖になり定着化してくれるでしょう。

いかがでしたか。

眉をしかめる人は、感情のコントロールが苦手で顔に出やすく、人付き合いが苦手な人が多いです。

しかめっ面をすることで、周囲から「どうしたの?」と心配してほしい「かまってちゃん」の場合もあります。

また、心配性な性格で常にあれこれ悩んでいる人も、眉をしかめやすくなります。

悩みを人に相談せずに一人で抱え込みやすい人は、特に眉をしかめて深刻に悩む傾向があります。

眉をしかめてばかりいると眉をしかめるのが癖になってしまい、眉間にしわが寄ったり表情筋が衰えたりします。

意識して笑顔にするように気をつけることで、いつのまにか笑顔になることが定着化してくれるはずです。

眉をしかめる人の特徴4個の関連記事