告白を保留される人の特徴5個

告白を保留される人の特徴5個

告白をしても、すぐに返事を貰えずに保留される人がいます。

それが1回や2回なら偶然でしょうが、回数が多いと何かしらの原因があると考えられます。

そして次の次の条件に当てはまる人は、告白を保留されやすいタイプに入るでしょう。

1.友達に告白をする人

告白をした相手との関係が友人だと「仲が良いから恋愛対象として見れないかも」と言う思いと、

「でも人柄は好きだし素敵な恋人になれそう」という、2つの思いが交差してすぐに返事が出来無くなってしまいます。

告白をOKしても断っても今までと同じように仲良くすることは不可能になりそうで、怖くなってしまいます。

また他に好きな人がいるけれど友達である手間無下に断ることが出来ず、返事を保留するしか方法がない事も有ります。

どちらにせよ仲の良い人からの告白はどう返事をするにしても勇気がいるので、する方もそれなりの覚悟を持たなくてはなりません。

2.ひとめぼれをして初対面の人とかに告白をする人

次に上記のパタンとは全く逆になりますが、接点がない場合も返事を保留されやすいです。

なぜなら告白された側はまずよく知らない人から告白される事で、「どうして自分に告白をしたんだろう」と疑問を抱きます。

そして「接点が無い人と付き合って本当にに大丈夫か」と不安になったり、

「告白をOKしないと危険なのでは無いか」と心配になったりして、

とりあえず保留と言う答えを出さざるを得無くなってしまいます。

ですのであまり接点の無い人を好きになった時は、告白する前に知り合い程度にはなっておくと保留されにくくなります。

3.現在や過去の恋人と比べられているから

あと恋人がいたり今は居なくても過去に誰かと交際していた場合はその人と比べられて、保留される方も出てくるでしょう。

しかしあなたが今のもしくは過去の恋人よりも素敵な人だと分かれば、告白OKされる確率は上がります。

なので保留されたとしてもすぐに諦めずに、優しさを見せるなどして良い返事をしてもらえるように振る舞いましょう。

4.シチュエーションが悪いから

男性はそこまでこだわらないですが、女性は告白のムードやシチュエーションを気にする人が多数存在しています。

そのため告白をするのに相応しく無い場所でされてしまうと、「今ここでするの」という思いが強まって返事を出しにくくなります。

また選んだシチュエーションが趣味に合っていないのに無駄に豪華で気合が入っていると、

仮に断りたくても断りづらくなってしまって結局保留といった形を取る事が必要になったりもします。

なので人気の告白のシチュエーション等を参考にして、素敵な告白が出来るようにして下さい。

5.真剣さが伝わらない告白をしている

それと自分に自信が無かったり逆に自身自分が好き過ぎる人は、

告白の仕方がどこか適当になっていたりします。

「どうせ付き合ってくれ無い」というマイナスの思いや、

「俺の告白を断るはずが無い」という傲慢な考えが見つかされているのです。

ですから本当にその人の事が好きなので有れば、

投げやりな気持ちを持ったり傲慢な態度を取らずに真剣に告白しましょう。

真剣さが相手に伝われば、保留されなくなるケースも増えて行きます。

いかがでしたか。

保留される原因は様々ですが、付き合う事に不安を感じるという点では共通します。

ですから相手に不信感を、抱かせない事が大切です。

もちろん圧をかけたり、返事を急かすのは絶対にやめましょう。

告白をするのは誰でも多少は緊張するでしょうが、返事を出す方も非常に緊張します。

特に告白され慣れていない人は、なおさらすぐには答えられません。

そのため自分の事だけで無く、相手側の都合を考え無くてはならないのです。

それに相手の事を考ると自然と相手の立場に立って告白する事も出来るようになるので、好印象にも繋がります。

告白を保留される人の特徴5個の関連記事