告白する勇気を出す方法5個

告白する勇気を出す方法5個

好きな人に告白したいと思っても、

なかなかその勇気が出ず二の足を踏んでいる人は多いのではないでしょうか。

告白する勇気を出す方法があれば、ぜひ決行日に実践したいものです。

そこで今回は、告白する勇気を出す方法についてご紹介します。

1.相手をどれだけ好きなのか考える

まずは、相手のことをどれだけ好きなのか考えてみましょう。

相手のどんなところが好きなのかを考えるのも良いですし、

相手と仲良くなるまでにあったことなどの思い出を振り返ることも良いでしょう。

その思いがどれだけ大切なものなのか、告白することで頭がいっぱいで、よく考えたことはなかったのではないでしょうか。

たくさん考えてみることで、やっぱりこの人が好きだという自分の大切な思いを認識し、

本当に好きだからこそ告白して更に仲を深めたいという、

自分自身の情熱を高めることが、告白にする勇気を出すことに繋がります。

2.友人に告白すると宣言しておく

告白すると決めたら、仲の良い友人などに「あの人に告白する」と宣言しておきましょう。

先に宣言しておくことで、自分自身の逃げ道をなくしてしまいます。

告白しようと思っているのを誰も知らないのであれば、

もし直前に臆病になって逃げ出してしまっても、誰の目も気になりません。

でも、友人に伝えることで、逃げ出したら恥ずかしいという気持ちが生まれるようになります。

なぜ逃げたの、と友人は咎めてくることはないかもしれませんが、

少し第三者の目を気にするようになる心理が生まれ、

これが自分自身を追い込み逃げられなくさせることに繋がるのです。

3.頑張っている人の姿に触れる

テレビや雑誌などで、有名なスポーツ選手や輝いている芸能人のインタビューや密着特集は、

誰でも見たことはあるでしょう。

そのような人たちのストイックな姿には皆が憧れます。

自分も頑張らなくては、と勇気を貰える人は少なからずいるでしょう。

どうしても告白する勇気がない…という人は、頑張っている人の姿に積極的に触れていきましょう。

それに感化されて途端に行動力がアップする人は、意外と多いものですよ。

4.うまくいったときのことを考える

人が行動するために必要なものの一つとしてとても重要なのが、「欲」です。

欲と言っては強欲や欲張りなどあまり良いイメージはないかもしれませんが、

ここでは単純に「これがしたい」という思いのことを言います。

告白する勇気がでなかったら、もしうまくいったら相手の人と何をしたいか、

どこへ行きたいかなど、自由に思いを巡らせてみましょう。

きっと楽しくなってきて、そのために頑張ろうという気持ちがわいてくるはずです。

5.これで人生が終わるわけではないと思う

告白する勇気がでないのは、やはり断られたときのことを考えてしまうからですよね。

けれど、極端な話、もし断られてもその場で人生が終わるわけではありません。

大切な思いであることには変わりありませんが、人間関係に絶対はないように、

うまくいくこともあればうまくいかないことも大いにあり得るのです。

あまり悲観的にその後のことを考えるのではなく、

「もしダメだったらまたいい人が現れるまで頑張ろう」くらいの気持ちで挑めると非常に気が楽です。

絶対にうまくいくという前向きさも大事ですが、うまくいかなかったときのことばかり気にしないよう、

「ダメなときもあるんだ」くらいの心構えを持っている方が、勇気を持って気負わず告白ができたりするものです。

告白する勇気を出す方法として基本的に大切なのは、前向きに楽しい気持ちで、あまり先のことを悲観しないことです。

そして最終的には好きだという思いがとても大事なことなので、

その思いを自分で改めて認識し直すことができれば、自然と勇気はわいてきますよ。

告白する勇気を出す方法5個の関連記事