交際の形は色々ありますが、結婚を前提に付き合う場合は付き合う方法を変えることが大切です。

焦り過ぎても逆効果になるため、自然な方法で付き合う事がポイントです。

そこで、結婚を前提に付き合う方法を紹介します。

1.相手の両親と仲良くする

結婚を前提に付き合う方法で1番ポイントになるのが、相手の両親との関係性です。

相手側の両親と良好な関係があれば、結婚に向いて味方になってくれる可能性があります。

逆に、相手側の両親と上手くいかない場合は、結婚の壁になるケースもあるため、親から気に入られることは大切です。

相手側の両親と仲良くするには適度に会うことが大切で、交際してから早い段階で挨拶代りに会うとその後も会いやすくなります。

相手側の両親に、結婚を前提に付き合っているという話をすると、親公認の婚約に近い状態になります。

相手側に限らず、自分の親にも紹介することが大切で、今も昔も親を間に挟むことが結婚への近道になります。

2.将来計画を話し合う

交際相手同士で将来計画を話し合うと、お互い結婚を前提に付き合っているか判断することができます。

相手が結婚を前提にしていなかった場合でも、結婚を意識しているという気持ちを伝えられるので、将来計画を話し合うことは良い方法です。

また、計画を立てるといつまでに結婚をするという具体的な形が見えるので、より一層結婚を前提に付き合うことができます。

30代を超えると結婚に対し焦る人もいますが、焦る理由は先が見えないからです。

しかし、将来計画を話し合い先が見えると焦らずに交際でき、別れない限りは予定通り結婚することになります。

3.安定性を見せる

性別に関係なく、結婚を前提に付き合う方法は相手に対し安定性を見せて交際することです。

男性の場合は、女性にだらしなくない点を見せたり、金銭感覚がしっかりしているなど、結婚しても安心できるというイメージを与えます。

女性の場合は、金銭感覚面よりも異性にだらしなくないという点をアピールすることが大切で、結婚しても安定した関係でいられる印象を与えることが大切です。

結婚の対象ではないけど、恋愛の対象にはなるという話をするケースがありますが、この違いは安定という点です。

結婚に求めているものは、安定した生活が送れるかという点で、安定した生活を送れそうな人ほど結婚相手に見られます。

その為、落ち着いた人間というイメージを相手に与えながら交際することが、結婚を前提に付き合う方法です。

4.熱くなり過ぎない

カップルにもよりますが、熱くなり過ぎると冷静な判断ができないため、直ぐに結婚を考えるケースがあります。

一気に熱くなった交際で結婚を前提にしても実らない可能性が高く、結婚をしても早く別れるリスクが高くなります。

適度な距離をとって、お互いを冷静に確認しながら交際をすると、間違いのない相手を見つけることができ、適度な距離感が結婚をしたいという気持ちを高めさせます。

適度な距離感で交際をすることは、結婚を前提に付き合う方法と関係なく見えますが、実はかなり大切なポイントです。

人間は迫られると引く気持ちになり、引かれると迫る気持ちになるという特徴があります。

結婚を前提に付き合うという気持ちを強く出すと、相手によっては引いてしまう可能性があります。

その為、熱くなり過ぎず適度な距離を保ち、相手に自分の価値を高く持たせることが、結婚を前提に付き合う方法です。

5.同棲を前提にする

結婚を前提に付き合う場合、一旦同棲を前提に交際するのも効果的な方法です。

付き合って直ぐ同棲ではなく、しばらく交際をして雰囲気的に良くなったら同棲をするという方法です。

別々に暮らしているよりも、同棲している方が結婚を前提にしやすく、状況的に直ぐにでも結婚することができます。

また、同棲するとお互いの生活習慣や見えない部分まで見えてくるので、親密さが深まるか浅くなるかのどちらかになります。

浅くなった場合は、結婚をしないで良かったという結果になり、深まれば結婚することになるため、同棲を前提に交際することは最終的に結婚を前提に付き合うことになります。

6.2人の関係を周知する

2人の関係を周知することは、付き合い方をはっきりさせる効果的な方法です。

ただなんとなく交際しているとは周りに言わないので、結婚を前提にしているのか恋愛の範囲なのか、人に伝えるケースが多くなります。

周知する際に結婚を前提にしていると自分から言い切ることで、交際相手にもそうだったのかという気持ちを伝えることができ、周知した以上結婚を前提に付き合うことになります。

2人の中で、結婚を前提にしているのかはっきりさせられない時は、周りに交際を伝えることが効果的で、少しでも多くの人に伝えると尚効果を増します。

結婚を前提に付き合う方法は、相手に結婚を意識させるという点が大切なポイントです。

相手が結婚を意識していない場合は、無理に迫らないこともポイントで、焦らず周りから固めていくような方法が理想的です。

また、恋愛対象に限定されるような行動は避けることが大切で、落ち着いた人間という印象を与えることが結婚対象になる方法です。