結婚適齢期の男性の特徴4個

結婚適齢期の男性の特徴4個

人によって結婚する年齢やタイミングはそれぞれです。

会社に慣れて収入が安定したり、貯金がある程度溜まったり、

子供ができたりと結婚するきっかけはいろいろあるでしょう。

では、結婚適齢期の男性にはどのような特徴があるでしょうか。

1.結婚への焦りを感じている

女性の結婚適齢期が20代後半から30歳頃までなのに対し、

男性の結婚適齢期は女性よりもやや遅く、20代後半から30代半ば位までという考えが一般的です。

女性の場合は子供を望んでいる場合には出産年齢を考える必要があるので、

女性の方が男性よりも結婚への焦りを感じる場合が多いでしょう。

男性の場合には、女性ほど結婚へのプレッシャーや焦りを感じる事はないでしょうが、

少なからず男性も、結婚適齢期に差し掛かると焦りを感じ始めます。

結婚適齢期の男性は、周囲の友人が結婚し始めたり、「結婚はまだなの?」と頻繁に聞かれるようになったり、

両親から結婚を催促されるようになり始めるからです。

この時期に、恋人がいる男性の場合は彼女の事を結婚相手として意識し始めるでしょう。

まだ恋人がいない男性は、結婚相手を見つけることができるか不安に感じる事もあるでしょう。

2.女性の観察力が厳しくなる

結婚適齢期の男性は、女性を結婚相手の対象として捉えるので観察力が厳しくなっています。

それまでは、オシャレで高価な洋服やアクセサリーを身に付けている女性が好みだった男性も、

結婚相手として見た場合には、女性の評価の仕方が変わってきます。

派手な女性よりも、お金を掛けずに上手にオシャレをしていて清潔感のある女性を好むようになるでしょう。

今後結婚して一緒に生活するようになった場合に、一緒にいて居心地が良い女性を好むようになるからです。

付き合う女性に対しても、その先に結婚が視野に入ってくるので、

結婚を意識して特に女性に対する見る目が厳しくなっていくでしょう。

3.不安を抱えている

結婚は人生の大きな節目です。

結婚適齢期の男性は、その大きな節目の分岐点に居てる状態なので、精神的に不安を抱えています。

結婚すれば、独身時代のような自由な生活はできなくなってしまいます。

共働きの夫婦も増えてきましたが、妻を養い家庭を支える為に、仕事もこれまで以上に頑張らなければなりません。

子供ができたらさらに、出費も増え、経済的な負担も大きくなっていくでしょう。

結婚適齢期の男性は、人生が大きく変わる岐路に立たされている不安な状態です。

恋人がいる男性は、その恋人との結婚生活を思い描くこともできるでしょうが、

まだ恋人のいない男性は、これから自分に起こっていくであろう人生の変化に多少なりとも不安を感じているはずです。

4.ふんぎりがつかない

結婚適齢期の男性は、まだ結婚へのふんぎりがつかない場合もあります。

会社の転勤が決まり彼女と遠距離恋愛になってしまう、彼女が妊娠してしまった、

などと言った結婚しなければならない特別な事情が無い限り、結婚のタイミングを決めるのは難しいものです。

もちろん恋愛が燃え上がり、彼女とずっと一緒に居たい気持ちが募り結婚に至るケースもあるでしょう。

ですが、結婚へのタイミングを掴めずになかなか結婚に踏み出せない男性も多いです。

実家暮らしの男性はご飯の心配もなく、自由に趣味や飲み会に参加でき、

給料は全部自分のしたい事に使うことができ、独身生活は気ままで楽しいものです。

結婚適齢期に差し掛かり、結婚への焦りは感じるものの、

もう少し独身生活を楽しみたいとなかなか結婚へのふんぎりがつかない男性は多いのではないでしょうか。

いかがでしたか。

結婚適齢期の男性は、周囲が結婚し始めたり、両親から催促されたりと、結婚への焦りやプレッシャーを感じています。

女性を結婚相手の対象として見るようになるので、女性に対する観察力はするどくなっているでしょう。

結婚という大きな分岐点に差し掛かり、精神的に不安な気持ちを抱えています。

独身生活は自由気ままで楽しいので、結婚へのふんぎりがつかない男性も多いです。

結婚適齢期の男性の特徴4個の関連記事