肌が白い人の羨ましい特徴7個

最終更新日:2016年9月27日

肌が黒い人もいれば肌がとても白い人もいます。

一時期は肌を焼くのが流行ったこともありますが、いまは「美白」が大流行りですよね。

みんな肌を白くするのに必死です。

また、最初から肌が白い人もいます。

そんな肌が白い人の特徴についてご紹介します。

1.東北地方に多い

色白な人は東北の血が入っていることがあります。

「秋田美人」という言葉があるように、色白は東北に多いというイメージがありますし、実際に白い人が多いです。

南国のひとは逆に健康的に日焼けしている人が多いです。

肌の色は日焼けしやすい土地に関係しているでしょう。

2.美人が多い

色白は七難を隠す、という言葉があります。

その言葉のとおり、色白というだけで美しく見えやすいのでしょう。

「色が白いね」というのは褒め言葉のひとつとみんな受け取っていますよね。

だからこそ、美白ブームがずっと続いていて、みんな日焼けしないようにUVカットや紫外線対策に必死になっています。

3.肌がキレイに見える

一般的に、肌が白い人は、肌のきめが細かくキレイに見えます。

「肌が黒くてキレイね」という褒め言葉はあまり聞かないかもしれませんが、

「色が白くてキレイね」ということは耳にしたり、口にすることがあるのではないでしょうか。

色が白くてもかさついていたり、逆にベタついていたりしてはキレイには見えないので、

色白の人は保湿をするなど、見える部分の肌ケアは特にきちんとしているでしょう。

4.年齢が若く見える

肌の色が白いと実年齢より若く見える傾向があるでしょう。

年齢は肌にあらわれます。

シワやシミ、また、色黒であると老けて見えやすいです。

ですが、多少シワがあったとしても、色白で肌がキレイだと、ぱっと見た時に「若い」と思います。

高齢の女性でも色白で肌がとてもキレイな女性がいます。

やはり実年齢より若く見えます。

年齢に関係なく、色白は若く見えるでしょう。

5.紫外線対策をきちんとしている

色白のひとは、色黒の人にくらべて、シミが目立ちやすいということはあります。

ですから、絶対にシミを作りたくない、と思います。

日焼け止めをぬったり、帽子をかぶったり、日傘を差したりと、UVカット対策をきちんとしているのは色白の人が多いでしょう。

日焼けをしたくないというよりは、シミを作らないため、という意味合いが強いです。

また、日ごろから肌を褒められることが多いでしょうから、肌に対する意識が自然と高くなっています。

キレイな肌の状態を保つためにはきちんとケアをするしかありません。

色白なのに肌ケアをまったくしていない、という人はまずいないでしょう。

6.両親のどちらかが色白

肌の色は遺伝も関係しているでしょう。

両親のどちらかが色白だと子供も色白に生まれるでしょう。

色白の人には、ご両親の出身や、やはりご両親のどちらかが色が白いのかとたずねてみると面白いかもしれませんね。

7.ダークカラーの服が似合う

色白の人に似合うカラーがあります。

こんがり小麦肌の人はネオンカラーや白の服が似合いますが、色白の人はダークカラーの服が似合います。

紺や黒などの服を着ると、肌の色の白さがより引き立って肌がキレイに見えるでしょう。

淡い色を着ると全体の印象がぼやけてしまいがちなので、意識して服の色を選ぶといいですね。

色白の人は生まれた時から色白の人がほとんどでしょう。

ですが、色白ではない人でも日焼けをしないように気をつけたりすると、美白になれるはずです。

紫外線は肌によくないことがわかっているので、日焼けしないように紫外線対策をきちんとすることは誰にとってもいいことでしょう。

色白で肌がキレイな状態だと若く見えたり、清潔感があるように見えるなど、

いいことがたくさんあるので、美白になれるように努力してみてはどうでしょう。