あなたは人と話す時にきちんと話を聞いていますか。

話を聞いているつもりでも、話し相手や内容、状況によってついつい「ふーん」と返してしまった経験が一度はあるでしょう。

しかし、話し手からすると話を聞いて欲しい気持ちがあるのに「ふーん」と返事されると寂しい気持ちになりますよね。

今回は「ふーん」が口癖の人の心理について見ていきましょう。

1.話に興味がない

話し手の話し方や話の内容に興味がなく「ふーん」と適当な返事をしているケースが多いです。

自分が関心がある話や楽しいと感じる話には、しっかりと頷いて話を聞くのですが「ふーん」が口癖の人は興味がないとわかりやすく、適当返事をしてしまいます。

自分の興味のない話や話し手の話し方がうまくない人の話を聞いていても退屈な気持ちになりますよね。

しかし、話し手からすると「聞いて欲しい」という気持ちがあるために、聞き手に話をしています。

退屈だと感じたり、興味がないと感じていても話し手に失礼がないような態度を心がけましょう。

2.相手のことに関心がない

相手に関心がない、または相手のことをあまりよく思っていない話し手に対して「ふーん」と口癖のように返事をしているケースもあります。

話相手と関わりたくないという気持ちの表れでもあります。

毎回話をしていて、聞き手が「ふーん」と素っ気ない態度で話を聞いている場合は、話し手に関心がない証拠です。

他の人に対してはふつうに話を聞くのに自分にだけ「ふーん」と相槌を打っている場合はあなたと関わりたくないと態度に表しています。

3.何も考えていない

「ふーん」が口癖の人は多くの人が何も考えていない状態で話を聞いていることが多いです。

ぼーっとただ話を聞いたふりをしている可能性が高く、意見を求めてもちゃんとした返事ができません。

日頃の疲れがたまり、人の話を聞く余裕がない状態出る可能性もあります。

また日頃からのんびりとボーとしている人っていますよね。

ボーとしているときは何も考えていないことが多く、話しかけても最初は話を聞こうとするのですが途中からボーとし始め、何も考えていない状態になり、聞いたふりをするために「ふーん」と返事をしています。

話をしている途中で反応を求めてみると話を聞いているのか、確認することができます。

4.次に話すことを考えている

相手との会話が途切れることを恐れ、必死に次の話題を考えていることがあります。

家族や心を開いている相手であれば、会話が途切れ、沈黙があっても何も感じませんが、友達や付き合いたての恋人など気を使う相手であれば沈黙は気まずいですよね。

気まずい状況になることを恐れて相手の話を聞きながら、次に話すことを考えています。

相手との関係を今後も続けていきたいという気持ちの表れで、相手を退屈させないようにという気持ちも込められています。

5.相手の話への返し方を考えている

真剣な話をしていても「ふーん」とした返事しか返ってこないと不安になりますよね。

しかし、その言葉の裏には話し手の話をしっかりと聞いており、どうやって話し手の話に対して返そうかと真剣に考えている可能性があります。

しっかりと目を話を聞いて「ふーん」と頷いてくれているときは、あなたの話に対して真剣に考えている証拠です。

興味がないわけではなく、あなたのことを思って話を親身に聞いている状況もあります。

6.相手の話を頭の中で整理している

話を聞いていても内容が難しかったり、情報が多かったりすると話についていけないことがありますよね。

「ふーん」と返事をしていても頭の中であなたの話を整理しようとして「ふーん」と返事をしてしまっている可能性があります。

話をうまく聞き取ることが苦手だったり、理解することに時間がかかる人は特に「ふーん」が口癖になってしまっているといえます。

相手の話を聞きたいという気持ちがありますが、内容についていけず、自分なりに頭で整理しています。

なにか考え事をしながら話を聞いているような感じであれば、あなたの話を必死に理解しようとしているといえます。

7.話を早く終わって欲しい空気を出している

「ふーん」が口癖の人の中には興味がない話や関心がない人との会話をしたくないということを全面的に態度に出す人もいます。

仲のいい人や興味がある話には、わかりやすいくるいに話を聞こうとしますが、それ以外の事柄は「ふーん」と素っ気なくわかりやすく態度に出します。

早く話を終わって解放して欲しいという空気感を全面的に出し、相手に自分の気持ちを伝えています。

自分の気持ちには素直ですが、話し手にはとても失礼です。

「ふーん」が口癖の人の心理には興味がない、退屈であるという気持ちばかりでないということがわかりました。

「ふーん」と返事をすることは、相手のことを考えながら話を聞いていても時として誤解を与えます。

話し手に失礼のないように気をつけましょう。