デートで割り勘にされる女性の特徴6個

デートで割り勘にされる女性の特徴6個

気になる男性や彼氏とデートをするときには、毎回ではなくても良いから、やっぱりごちそうをしてほしいものですよね。

そんな女性の心理とはうらはらに、残念ながら男性から割り勘にされてしまう女性もいます。

では、いつも男性に割り勘にされてしまう女性とは、どのような女性なのでしょうか。

1明らかに男性よりも収入が上

女性がキャリアウーマンであったり、また、男性が定職に就いていないなどの理由で、

女性のほうが明らかに収入が上である場合は、やっぱり割り勘にされてしまいます。

中には甘え上手な男性がいて、高収入の女性を頼りたい、という人も。

付き合いが浅いうちは、自分の収入や仕事の内容がわかるような会話は避けたほうが良さそうです。

2.甘え下手な性格

甘え上手な女性であれば、割り勘をお願いされそうになったら、

うまくスルーしてちゃっかりごちそうになっていそうなものですが、甘えることが下手な女性は、なかなかそううまくいきません。

本当は甘えたいと思っていても、最初のデートで自分から割り勘を言い出してしまうような人も多いのではないでしょうか。

最初はやっぱり遠慮しておいたほうがよういのでは、と思うかもしれませんが、

男性は「この人には、これで良いんだ」と思ってしまうものです。

3.気が強く口が悪い

いつも文句ばかり言っていたり、人の行動を批判ばかりしているような女性も、割り勘にされてしまいやすいです。

一緒にいる時間に嫌な思いをしてしまったのでは、やっぱりその人におごったりしたくありませんよね。

デートをする男性に対してそのような態度を取っていたわけではなくても、

日頃の言動でそういうイメージがついてしまっている場合も。

デートの時に普段とのギャップを演出して、イメージアップを図りましょう。

4.しっかりしすぎている

長く付き合ったり、また結婚を考えるのなら、しっかりとした真面目で堅実な性格の人が男女とも良いと思うものですが、

あまりしっかりとしすぎているのも考えものです。

天然とまではいかなくても、どこかちょっと抜けていたり、ほんわかしているくらいの方が、

男性にとっては安心感があるものです。

ごちそうすると言ったら、割り勘にしようと言われそうだと男性に勝手に思われているかもしれません。

5.デートにおしゃれをしてこない

男性がデートで女性にごちそうをするのは、一生懸命おしゃれをしてきてくれたお返し、という考え方があります。

確かに、服や髪、メイクなどデートのために毎回おしゃれをするのは、時間もお金もかかるものです。

そういった努力にねぎらいと感謝の意味を込めて、男性はごちそうをしてくれるわけです。

一緒に時間を過ごす男性が、このような考えを持っている人かどうかはわかりませんが、

毎回デートでまったくおしゃれをしないと、男性に割り勘でいいんじゃない?と思われてしまうでしょう。

6.気がないと思われている

男性は、自分が付き合える可能性のある女性か、

もしくは自分がとても気になっている女性にしかおごりたくないものです。

なので、毎回割り勘にされてしまうということは、その男性があなたのことをまったく意識していないか、

あなたが男性にまったく気がないと思われているかのどちらかです。

彼のことが気になっている、男性として好感を持っている、ということをさりげなくアピールするようにすれば、

彼の態度も変わってくるかもしれません。

男性は、自分のことを男性として意識してくれて、自分と付き合えそうな女性にしかおごりたくないものです。

デートや食事のたびに毎回割り勘にされてしまい、残念に思っている女性は、

そんな男性心理を理解して、思わずごちそうしたくなるような、おごられ上手な女性を目指してくださいね。

デートで割り勘にされる女性の特徴6個の関連記事