愛されたい人の心理6個

最終更新日:2016年7月1日

愛されたいあなたへ。

今回は誰かに愛されていないと不安になってしまう方へ

今回は愛されたい人の心理的特徴についてご紹介します。

1.愛されないと自信がない

誰かが自分の事を思ってくれていると、生きてても良いんだなって思える。

愛されたいあなたは、自分に自信がありません。

自分の事が、なんだかちっぽけで、価値がないように思える。

だから、誰かに思ってもらえると、私でも生きてていいんだなって安心できます。

誰かに認めてもらえないと、自分のことを認める事が難しいのではないでしょうか。

2.実は甘え下手

愛されたいと思うあなたは、本当は愛して欲しくても、愛して欲しいって伝える事が難しい。

もし、誰にでも甘える事ができれば、愛されたいなんて思う必要がない。

甘えられないから、愛されたいなって気にしてしまいます。

すごく求めているのに、手に入れられない悔しさと、戦っているのです。

甘えたいなって思うし、たくさん想像もするけど、実際にそんな場面になると、戸惑ってしまいます。

愛されたいあなたは本当に甘え下手なんじゃないでしょうか。

3.疑い深くなる

愛されたいあなたが、もしかしたら愛してくれるかもしれない人を見つける事が出来たら、

それはとても嬉しくて安心する事です。

でも、愛されたいあなたは、愛される喜びよりも、愛を失うかもしれない不安の方が大きくなってしまう。

愛され慣れていないあなたは、本当に愛してくれるのか疑ってしまいます。

相手の言葉、信用して良いのかな。

いつまで信用出来るのかな。

愛されたいあなたは、落ち着いて愛されるまでに時間がかかるのです。

疑って、大丈夫ってホッとして、また疑う事を繰り返しながら、少しずつ愛される事に慣れていきます。

4.時には自ら愛を失ってしまう

愛されたいあなたは不安が強くて、時にはそんな自分に耐えられなくて、自ら愛を手放してしまう事があります。

愛されなくなるなら、いっその事自分から終わりにしたい。

本当は愛されたいのに、思っている事と別の事をしてしまう。

愛されたいあなたは、愛されてないがゆえに、うまく振る舞う事が出来ないのです。

5.寂しさを1人で抱えてしまう

愛を失ってしまったあなたは、寂しさを1人で抱えることになります。

愛されてないあなたは、寂しさを人と分かち合うことが難しい。

だから余計に愛されることに憧れ、誰かに支えてもらうことに焦がれるのです。

寂しさを人と分かち合うことが難しいから、想像の中で自分を慰めてしまう。

愛されたいあなたは、最初の一歩が踏み出せず、傷つく事を恐れて自分の中にこもりがち。

その分相手に対する期待も大きくなり、相手への失望に変わりやすくなります。

6.相手への期待が大きくなる

愛されたいあなたは、相手に愛して欲しい気持ちが大きすぎて、時に相手に過剰に期待してしまうことがあります。

その分、期待している相手への気持ちと、実際の相手の姿との間に差ができやすくなって、

相手は普通の事をしていたとしても、何度か裏切られたり、期待した自分を悪いように思ってしまったり、失望しやすくなってしまいます。

愛されたいあなたは、頭に中の相手と、実際の相手との間に差が大きくなりがちです。

愛されたいあなたは、愛されることに慣れていないあなたであり、愛される事を恐れるあなたであり、

愛されることに慣れるまでに時間がかかるあなたです。

そんな不器用なあなたでも、時間をかけて、愛してくれる人を見つけることが必ず出来ます。

そして、自分から相手を愛することが出来るようになります。

恐れず、少しずつ愛に慣れていきましょう。