面白いことを言ってみんなを笑わせてくれるひょうきん者って学生時代にクラスに一人はいましたよね。

面白い人の中でも特にひょうきん者は、多くの人から愛される人気者のような存在です。

では、ひょうきん者といえば、どのような特徴があるのでしょうか。

1.笑顔で安心感がある

面白い人の中でも特にひょうきん者と言われる人は、笑顔を絶やさずにリラックスできる雰囲気を作ることができます。

ひょうきん者はどんな人も同じように接して受け入れる親しみやすさがあります。

その親しみやすさから周りの人を惹きつけ、多くの人と会話をしてどんどん話し上手になっていくのです。

ひょうきん者は自然と笑顔が身に付いていて、周りにも笑顔が移り、楽しい環境をいつの間にか作り出していることが多いです。

2.笑いのセンスがある

ひょうきん者は、笑いのセンスがあります。

同じ内容の話しを、ひょうきん者が話しすれば笑いがおこりますが、別の人が言うとちっとも面白くないなんてことはよくあります。

ちょっとした動きや言葉遣い、間の取り方など方で、会話が面白くなることをひょうきん者は知っているのです。

彼らのユーモアセンスは、テレビのお笑い芸人さんなどから取り入れているのかもしれません。

テレビが大好きな人ほど、ひょうきん者は多いです。

テレビの情報は話題にしやすいですし、芸能人の物真似をして笑わせることもできます。

テレビを見ているうちに笑いのセンスが備わっていくのではないでしょうか。

3.気配り上手

ひょうきん者は、周りのことをよく見ています。

人を笑わせたいと思う人は、サービス精神が旺盛で観察力があることが多いです。

周りをよく見ているので、会話をするのも自分だけ一方的に話すことはありません。

いつも自分の話しばかりしている人というのは、聞いている方も嫌になってくるものです。

ひょうきん者は、聞き上手でもあります。

そして、ここぞという時に上手くリアクションしてくれます。

クラスのひょうきん者も、みんなの期待を裏切らず、笑いが欲しい場面では必ず活躍してくれませんでしたか?

彼らはは周りをよく観察して人の話しをしっかり聞いているからこそ、

より面白い話しができるようになってくるのです。

4.人が好き

ひょうきん者で人間嫌いな人はまず居てないでしょう。

ひょうきん者が周りを楽しませてくれるのは、人が好きだからです。

無口で人見知りな人は、人間が嫌いとまではいかなくても、人と話しをするのが苦手だったり面倒だったりと感じています。

一方のひょうきん者は、人と話しをするのが楽しみなので、面倒と感じることは全くありません。

小さい頃から誰とでもよくしゃべる子供は、そのまま多くの人とたくさんの会話を繰り返し、会話力がどんどん上達します。

好きなことだから苦痛を感じることなく、自然と人を笑顔にする能力が鍛えられていくのです。

人が好きな人はいつのまにかトーク能力が磨かれていつの間にか、ひょうきん者と言われる存在になっているのです。

4.頭の回転が速い

ひょうきん者は、面白いことを発するタイミングを上手につかみ、とっさの判断能力が高いです。

会話の中でたくみにボケとツッコミを取り入れて笑いを誘います。

これは、頭の回転が速くないとできないことです。

普段から人を楽しませようとして、会話の中でいつ面白いことを言おうかと考えているので、

どんどん頭の回転が速くなっていくのでしょう。

そして彼らは、誰もが楽しめるように難しい言葉を使わずに簡潔にわかりやすく話しをします。

面白いエピーソードがあっても、なかなか人に上手くその話しを説明するのは難しいものです。

ひょうきん者は、上手にわかりやすくエピソードトークができます。

ひょうきん者は、人を楽しませてくれる多くの人に愛される存在です。

もともと社交的で面白い人もいてますが、それだけではありません。

人を笑わせたいと思い、面白いテレビを見て研究したり、面白い人をよく観察することで、ひょうきん者になることもできます。