ストレスマネジメントが上手な人の特徴

ストレスマネジメントが上手な人の特徴

現代社会に生きている以上、だれでも身の回りにストレスを抱えていますよね。

そんな中、皆さんの周りには、自分と同じような環境にいてストレスを同じだけ感じているようなのに、

それほど辛そうではなく前向きに生活している人がいるのではないでしょうか。

そのような人はストレスマネジメントが上手だから、ストレスを自分でコンロールできているのです。

ここではそんなストレスマネジメントが上手な人の特徴をご紹介します。

1.自分が受けているストレスを客観的に分析できる

ストレスマネジメントが上手な人は、自分が受けているストレスを客観的に俯瞰して、

ストレスの量や数、種類を分析できる人です。

会社が辛い、仕事が辛い、人間関係のしがらみが多いという漠然とした状況でストレスを捉えると、

ますます嫌になったり、冷静でいられなくなります。

自分は今仕事の締め切りが迫っているストレスと、

上司が嫌味ばかり言うストレス、休みが取れないストレスを感じています。

でも、仕事が片付けばそれらの大半が解消されるから、今は耐えて頑張れば楽になるな。

とストレスマネジメントができます。

2.自分が耐えられるストレスの限界を知っている

ストレスマネジメントが上手な人は、自分が耐えられるストレスの限界を知っています。

辛いと思いながら、それを誰にも打ち明けられずに抱え込んでしまって、

結局限界を迎えて倒れてしまうことは多くの人に起こり得ることです。

ストレスマネジメントが上手な人は、

自分の過去の経験や周囲の事例を教訓にして自分の限界を把握しています。

これくらいまでなら耐えられるから頑張ろうとか、

これ以上は耐えられないから先に勇気を出して仕事を断ろうという判断が出来る人です。

3.適度なストレスを自分の武器にできる

ストレスマネジメントが上手な人は、ただストレスを減らすだけでなく、

適度なストレスを利用して自分の武器にすることができます。

人間はある程度のストレスを与えられたほうが最適なパフォーマンスが発揮できる生き物です。

この仕事は失敗したらやばいぞ、腕の見せ所だからひとつ頑張るか。

というマイナス方向のストレスをそのままプラスに変える力を持っています。

4.ストレスの原因を自力で摘み取れる

ストレスマネジメントが上手な人は、ストレスを解消する方法を知っています。

一番簡単なのは趣味を持つことですが、それもまとまった休みや、

長時間の準備がないとできない旅行やスポーツなどの趣味だけではなくて、

カラオケやちょっと贅沢なランチなど自分にあった短時間で達成感を得られるものを持つなど上手に利用しています。

人間関係でも気軽に愚痴を聞いてくれる仲間を持っていて、

かつその仲間がうるさくアドバイスして余計にストレスを増やすのではなく、

話を聞いてくれた上で気分転換になる会話を提供してくれるような関係を築いています。

5.複数のコミュニティに身を置いていつでも逃げ場を作っている

ストレスマネジメントが上手な人は、職場、学生時代の友人、趣味の友人、

近所の人、家族など複数のコミュニティに身を置いてどこでも適度に親しい関係を築いています。

それなので、唯一の知り合いの職場の人に嫌われたらおしまいだ。

とか、学生時代の友人との問題を相談できる相手が誰もいない。

という状況にならないようにします。

一つでうまくいかなくてももう一つでうまくいってストレス解消できるとか、

最悪どれかがダメになっても他で頑張れるという気持ちが心の余裕に繋がります。

いかがでしたか。

ストレスマネジメントが上手な人は、みなさんと同じように日々過ごしているように見えて、

リスクに備えた準備を日ごろから怠っていないことがわかると思います。

みなさんも日々つきまとうストレスに押しつぶされない為に、上

記を参考にストレスマネジメントをしてみてはいかがでしょうか。

ストレスマネジメントが上手な人の特徴の関連記事