周囲を和ませる人の特徴4個

周囲を和ませる人の特徴4個

特別何をするというわけでもないのに、ただ黙ってそこにいるだけで、人の心を和ませてくれる人がいます。

このような人が1人でもいると、その場から刺々しい空気は消え、ゆったりした温かい空気が流れ始めるようになります。

では、周囲を和ませる人とはどのような人なのでしょうか。

その特徴をご紹介します。

1.いつも自然な笑顔を絶やさない

周囲を和ませる人は、いつもニコニコしているということが大きな特徴です。

笑顔という物は、どんな人の心も和ませてくれる力を持っています。

そのため、いつも笑顔を絶やさない人は、ただそこにいるだけで、人の心を癒してしまいます。

しかし、自分の好感度を上げようとしている「わざとらしい作り笑い」では、人の心を和ませることはできません。

それどころか、人を苛立たせてしまうことすらあります。

しかし、いつも周囲を和ませてくれる人の笑顔にはわざとらしさがなく、

とても自然な笑顔であるということも特徴の1つです。

彼らは、様々なことに対して、「心から喜ぶ」ということができる性格です。

そのため、その内面が笑顔に表れており、いつの間にか彼らの喜びが、周囲にも伝染していくのです。

2.ゆったりとした口調で話す

周囲を和ませる人は、話をする時、穏やかでゆったりした口調で話すということが特徴です。

早口でまくし立てたり、所かまわず大声を出すような人は、人を和ませることはできません。

このような人は、人を和ませるどころか、人をイライラさせます。

周囲を和ませる人は、どちらかというとおっとりしており、「慌てる」「焦る」ということを好みません。

その性格が話し方にも色濃く表れています。

そのため、彼らの「焦りとは無縁の話し方」が人の心を解きほぐしてしまい、

周囲の人を「焦っても仕方ないから、のんびり行こう」という気持ちにさせてしまいます。

その結果、多くの人の心を和やかなものに変えてしまいます。

3.辛い状況にある人がいたら、何もせず、黙って寄り添うことができる

周囲を和ませる人は、基本的にとても優しい性格です。

しかし、自己満足の親切を人に押し付けるというタイプの優しさではありません。

彼らも持つ優しさは、相手に寄り添うという「静かな優しさ」です。

そのため、辛い状況にある人がいたら、彼らは何もせず、ただ黙ってその人にじっと寄り添います。

そして、相手が自然に立ち直ることを、粘り強く待つことができます。

そのため、彼らは人に安心感を与え、多くの人の心を自然に和ませ、落ち着かせていくのです。

辛い状況にある人がいた場合、どうしてもその人を励まそうとしたり、

アドバイスをしたりしてしまうのが大抵のケースです。

しかし、それでは逆に相手の心を傷つけてしまいます。

周囲を和ませる人は、そのことを十分にわかっているからこそ、

「ただ黙って寄り添うだけ」という選択をしています。

4.どこか抜けたところがある

周囲を和ませる人は、しっかり者タイプではなく、どこか抜けたところがあるという点が特徴です。

しっかり者タイプの人は、常に肩に力が入っているため、緊張感を醸し出します。

そのため、周囲の人も皆、その人と接していると、どうしても肩に力が入ってしまい、気が抜けなくなってしまいます。

しかし、どこか抜けているところがあると、周囲の人も過度な緊張感から解放されるため、

その場が和やかな空気に変わっていくのです。

そのため、周囲を和ませるタイプの人は、「人の面倒を見てあげるタイプ」ではなく、

どちらかというと「人から面倒を見てもらえるタイプ」であることが多いというのも特徴の1つです。

周囲を和ませる人は、おっとりした優しい性格で、常にのんびりした空気を醸して出しているということが特徴です。

少し抜けた一面はあるものの、周囲の人たちの心を緊張から解き放ってくれる、不思議な力を持っています。

色々なことに対して素直に喜びを感じることができる豊かな感性を持っているため、

いつも自然な笑顔を絶やさないという点も大きな特徴です。

彼らの笑顔もまた、人の心を癒し、その場を明るく温かい空気にしてくれます。

一見するとおとなしそうに見えますが、彼らは、ただそこにいるだけで、

人を優しい気持ちにしてくれる大きな力を持っているのです。

周囲を和ませる人の特徴4個の関連記事