精悍な顔つきをしている人の特徴4個

精悍な顔つきをしている人の特徴4個

精悍な顔つきとは、武士のような凛々しい雰囲気の顔つきを持った男性に対して使われる言葉です。

精悍な顔つきをしている人は、その雰囲気ゆえに、多くも人からの好感を集めます。

では、精悍な顔つきをしている人には、どのような特徴があるのでしょうか。

1.武骨であっても、爽やかな清潔感がある

精悍な顔つきをしている人は、基本的に武骨で男らしい雰囲気を持っています。

「可愛らしい顔つき」「女性のような、中性的な顔つき」とは対極にある外見です。

そのため、どちらかというと、力強い印象を与えると言えるでしょう。

しかし、精悍な顔つきの人は、武骨で男らしい雰囲気ではあるものの、

爽やかな清潔感があるということが大きな特徴です。

武骨で男らしいだけでは、野性的な雰囲気になってしまいますが、

爽やかな清潔感があることにより、彼らには「知性とワイルドさが同居したような雰囲気」があります。

そのため、男らしい力強さはあるものの、どこか育ちの良さを感じさせるような雰囲気も併せ持っています。

2.顔つきに締まりがある

精悍な顔つきをしている人は、顔全体が締まりのある雰囲気であることが特徴です。

彼らは、どんな時でも、だらしない顔つきをすることはありません。

例えば、目線はしっかり前を見据え、常に安定しており、「目が泳いでいる」というようなことはありません。

そのため、冷静で意志が強そうな印象を醸し出します。

例えば、常に口元はしっかり結ばれており、「口をだらしなくポカンと開けている」というようなこともありません。

そのため、大人の落ち着きを感じさせます。

このように、常に表情に締まりがあるため、

「男らしい力強さと、大人の落ち着き」が同居したようなオーラを醸し出しています。

3.品の良い雰囲気を持っている

精悍な顔つきの人は、元から美形である場合もありますが、

必ずしも「元々の顔のつくりやパーツが整っているわけではない」ということが特徴です。

しかし、精悍な顔つきの人に共通しているのは、「品の良い雰囲気を持っている」ということです。

そのため、精悍な顔つきの人は、元々の顔かたちに関係なく、高貴なオーラが漂います。

これは、彼らが持つ知的な雰囲気や清潔感・締まりのある落ち着いた表情が、そのようなオーラを作り上げているのです。

それゆえ、精悍な顔つきをしている人は皆、独自のエレガントさを持っているということが特徴です。

4.どちらかというとシャープな顔立ちであり、顔に余分な贅肉が付いていない

精悍な顔つきの人は皆、どちらかというとシャープな顔立ちであるという共通点があります。

元々そのような顔立ちだったというよりも、力強く締まりのある雰囲気が彼らの顔に定着し、

その習慣が積み重なって、顔つきがシャープになっていったと言った方が良いでしょう。

彼らの顔つきは、習慣や内面の積み重ねから作られているのです。

常に締まりのある表情であるため、顔の筋肉も鍛えられています。

そのため、彼らの顔には、余分な贅肉がついていないということも大きな特徴の1つです。

言い換えれば、「全体的にはすっきりしているけれど、ゴツゴツした顔立ち」であると言えるでしょう。

それゆえ、「日常的に、何かスポーツをしているように感じさせる雰囲気」を持っています。

不思議なことに、ぽっちゃりした丸顔の人には、「優しそうな癒しの雰囲気」はあっても、精悍な雰囲気はあまり漂いません。

精悍な顔つきの人は、男らしい力強さと、品性ある大人の落ち着きが同居した雰囲気を持っています。

そのため、頼りになるオーラを漂わせながらも、どこかエレガントさを感じさせる雰囲気が大きな魅力です。

この魅力に心を動かされてしまう女性も少なくありません。

清潔感や締まりのある表情も、彼らの特徴です。

そのため、信用できそうな雰囲気を醸し出しており、仕事の場においても、

年齢・性別問わず、多くの人から信頼され、好感を持たれることが多くなります。

精悍な顔つきをしている人の特徴4個の関連記事