LINEの友達が少ない人の特徴4個

LINEの友達が少ない人の特徴4個

LINEの友達がたくさんいるという人が多い一方で、あえてLINEの友達を増やさず、

LINEの友達をあえて少なくしているというこだわりを持っている人もいます。

では、彼らはなぜそのようなこだわりを持っているのでしょうか。

そこで、LINEの友達が少ない人に共通する具体的な特徴についてご紹介します。

1.マイペースで、人に振り回されることを嫌う

LINEの友達が少ない人は、基本的に、マイペースなタイプであるということが特徴です。

彼らは、「常に自分のペースを崩さずに生きていきたい」と考えているため、自分のペースを人に見だされることを嫌います。

しかし、LINEの友達を増やしてしまうと、あちこちから連絡が来て、どうしても自分のペースに振り回されてしまいます。

彼らはそれに耐えられないため、あえてLINEの友達を少なくしています。

LINEの友達が少なければ、限られたメンバーからしか連絡は来ません。

そのため、他人からの連絡に振り回されることなく、のんびり自分のペースで過ごすことができます。

彼らにとっては、このゆったりしたペースが1番幸せです。

2.日頃から、スマホやLINEのチェックをあまりしない

LINEの友達が少ない人は、日頃からスマホやLINEのチェックをあまりしない傾向があります。

彼らにとってスマホやLINEは、「最低限の機能さえ使うことができれば、あってもなくても良いもの」です。

そのため、積極的にそれらのチェックをしようとはしません。

そして、その生活パターンが定着しているため、いちいちスマホや、

LINEのチェックを行うという行為そのものを面倒だとすら感じています。

そのため、できればこの生活パターンを変えたくないと思っています。

LINEの友達が少なければ、「スマホやLINEのチェックをあまりしない」という、

今までの生活パターンを崩さなくても良くなります。

そのため、あえて友達の数を増やさないようにしています。

3.新しい出会いを求める行動や人付き合いを、あまり積極的に行うタイプではない

LINEの友達が少ない人は、基本的に、親しい人とだけ長く深く付き合っていくというライフスタイルを好みます。

そのため、あまり新しい出会いを開拓しようとは考えておらず、出会いを求めるような行動もほとんどしません。

そのため、当然、いつまで経っても新しい友達が増えることはありません。

彼らは、人付き合いもあまり良い方ではありません。

どんなに親しい関係でも、あまり頻繁に連絡を取ったり、会ったりすることがないのです。

親しい友人と長い間コンタクトがなくても、「便りがないのが元気な証拠」と考え、

自分から積極的に連絡を入れることはあまりありません。

一見すると、「ネガティブで内向的」と思われてしまうかもしれませんが、

このようなライフスタイルを貫くことが、彼らにとっての幸せです。

4.人間関係のトラブルを人一倍嫌う

LINEの友達の数が増えると、必ず付いて回るのが、人間関係のトラブルです。

自分とかかわる人の人数が増えれば増えるほど、面倒ごとに巻き込まれる確率も比例して上がっていきます。

このようなトラブルを人一倍嫌うタイプの人は、あえてLINEの友達を少なくしているというケースが多くなります。

LINEの友達が少ない人は、基本的に、自分のペースを乱されたくないタイプです。

そのため、「自分のペースを乱す原因となる人間関係のトラブルは、初めから避けたい」と考えています。

それゆえ、LINEの友達は本当に親しい人だけに限定し、友達の数をあえて少ないままにしています。

LINEの友達が少ない人は、マイペースな性格で、自分の生活パターンを人に見だされることを嫌うタイプです。

LINEの友達を増やしてしまうと、連絡のやり取りに振り回されたり、

人間関係における面倒ごとに巻き込まれたりする可能性が高くなります。

それを避けるために、あえて友達を増やさないようにしています。

彼らは、大人数での人付き合いや、新しい出会いの開拓が得意ではありません。

交友関係は本当に親しい人だけに限定し、心から安心できる少数の仲間とだけ深く付き合うことを望んでいます。

一見すると閉鎖的な印象もありますが、このような人間関係に心から満足して幸せを感じるのが、彼らの共通点です。

LINEの友達が少ない人の特徴4個の関連記事