リアリストの特徴。慎重で理論的!

最終更新日:2017年12月5日

リアリストとは現実主義者のことで、人間は大別すると現実主義者と理想主義者に分けることが出来ます。

傾向としては男性の方が理想主義が多く女性の方が現実主義者が多いと言えます。

そんなリアリストの特徴についてご紹介します。

1.慎重

リアリストの一番の特徴は臆病で堅実な性格な人が多く基本的に慎重に物事を進めていきます。

これは理想主義者の人と比較すると顕著に見られる傾向で、理想主義者は冒険心を持ち大胆な行動をすることが出来ますが、現実主義者はリスクを嫌いチャレンジはせずに確実に自分が手に入れることが出来るモノを選びます。

リスクを恐れ堅実な生活と手堅い人生がを選ぶのですからリアリストは言い換えると臆病な人でもあります。

ですが慎重に行動するので大きな成功がない代わりに大きな失敗もない安全性の高い生き方と言えます。

2.きちんと計画を立てる

リアリストは基本的にきちんと計画を立てます。

慎重にそしてより確実に物事を進める為には万事に計画的でないといけません。

リアリストは仕事だけではなくプライベートにおいても思いつきで行動をすることを嫌います。

例を挙げるとプライベートで旅行に行く場合は事前に飛行機のチケットを取り、宿を予約したり、どこに行くかといった細かい計画を立てます。

さらにリアリストは突発的な出来事に弱いので、事前に様々なケースを考えて考えられる限りのトラブル、アクシデントに対する対応を想定しておくのがリアリストの特徴と言えます。

3.理性的

リアリストは理性的で感情論ではなく事実や結果を重視する傾向があります。

ちなみに現実主義と理想主義の相違点として理性と感情のバランスを挙げることが出来ます。

リアリストは理性に重点を置いていてロマンチストは感情が優先していきます。

高い理想を掲げて実現する為にはその分情熱が必要で、モチベーションを維持する為に感情が重要な役割を担っています。

それに対してリアリストは感情よりも理性と知性を重視して、感情に流されることはありません。

そして常に冷静で理性的に行動をすることが出来るのがリアリストです。

4.マメに情報確認を行う

リアリストの特徴としてマメに情報の確認を行うことを挙げられます。

情報源についてその根拠は何か、何の統計を基にしているか、どんな視点で分析されているのかを徹底的に調べていきます。

そして情報自体が怪しい時や、情報に偏りのある場合はさらに調べてより精度の高い情報を求めます。

その訳は確実な情報を元に行動をしないと基盤が揺らいでしまうから事前の下調べは欠かしません。

失敗のリスクを出来る限り減らす為に努力を惜しまないのがリアリストです。

ですがその労力が割に合わない場合も少なくありません。

何故ならどれだけリスクを減らそうとしても失敗する確率をゼロにすることは出来ないからです。

そして無駄な労力を省きいかに効率的に物事を進めることが出来るかを考えるのもまたリアリストの特徴と言えます。

リアリストの特徴は慎重な人ということが出来ます。

人間は現実主義者と理想主義者に分けることが出来、リライストは前者のことで、現実主義者は臆病で確実なモノを求めるので慎重に行動を選ぶ傾向があります。

さらに失敗を出来るだけ回避する為に仕事においてもプライベートでもきちんと計画を立てるのが特徴と言えますし、計画を立てる際には徹底的に情報を調べます。

またマメに情報を確認して最新の情報を得ようとしますし、あと感情よりも理性や知識を重視する傾向がリアリストにはあると言えます。

つまりリアリストとは常に冷静で理性的に行動をすることが出来る人です。