身だしなみがだらしない女性の特徴とは

最終更新日:2017年7月27日

清潔感にあふれる女性は素敵ですが、

そういう女性は身だしなみや服装もきちんとしているものです。

では、身だしなみがだらしない女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.爪が伸びている

ネイルアートをしているわけでもないのに爪が伸びていたり、お手入れを怠っている女性は不潔感を他人に与えてしまいます。

爪が伸びたままになっていたり、汚れているような人は、身だしなみがだらしない女性の典型的なタイプと言えるでしょう。

手元は意外と人の目に留まる箇所であるので、人に好印象を与えたい場合や清潔感を演出したい場合は、

爪の手入れを意識的に行うようにすると効果的です。

華やかなネイルアートをしていなくてもいつも清潔に手入れをされた爪は、女性らしい美しさにあふれています。

2.髪の手入れを怠っている

パーマやカラーリングなどで髪がダメージを受け、一時的に傷んでしまっている場合などがありますが、

髪がボサボサで手入れやスタイリングもきちんとされていない女性は、身だしなみがだらしないと言えます。

人と合った時に最初に目に留まる箇所が髪であるので、仕事先の人に不快な印象を与えないよう、

髪のお手入れは念入りにやらなければいけません。

また、髪が長い女性はTPOに合わせて髪をまとめることも必要です。

髪が傷んでいなくても、TPOに合わせた髪型ができないでいると、だらしない印象を与えてしまいがちです。

3.靴が汚れている

身だしなみに気を使う方は、決まって靴のお手入れを怠りません。

お辞儀をしたときなどにはっきりと目についてしまう箇所であり、身だしなみに関する意識の高さがいちばん伺える箇所です。

身だしなみがだらしない女性は靴が汚れたままになっていたり、

かかとの磨り減ったパンプスをそのまま履いていることが多くなります。

せっかくきちんとメイクをして華やかなファッションに身を包んでも、靴が汚れたままであると全てが台無しになってしまいます。

美容だけでなく靴のお手入れにもきちんと気を配りましょう。

4.服の手入れを怠っている

シャツのシワやスカートのシワなど、きちんと着るたびにお手入れをしておかないと、

非常にだらしない印象を人に与えてしまいます。

きちんとアイロンをかけ、シワにならないように管理する努力を怠っているということです。

スカートのシワなど、その日一日仕事をしていると仕方のないことかもしれませんが、

最近はシワを取るスプレーなど出先でも対処ができるような便利なグッズも多数発売されています。

身だしなみを気にする人は、そういったものを持ち歩いていたりするものです。

また、誤った洗濯の仕方で服の状態が悪くなっているのに、

そのまま着ているような人もだらしない印象を与えてしまいます。

5.バッグの中身の整理整頓ができない

小さなバッグにたくさんのものを詰め込んでいたり、また大きなバッグに小さいものをそのまま入れていたりと、

身だしなみがだらしない女性は、バッグの中身の整理が苦手な人が多くなります。

スマホや携帯を探すのに時間がかかってしまいますし、

必要なものをすぐ取り出すということができないので、バッグの中身が整理されていないと不便なことがたくさんあります。

人の目に留まってしまった場合も非常に不快な印象を与えてしまうので、

整理用の小さなバッグを活用するなど、工夫することも大切です。

いかがでしたか。

人に合う機会が多い場合はもちろん、そうでない人であっても、

だらしない印象を持たれるのはできるだけ避けたいことです。

身だしなみがだらしない女性には、明らかに傾向や特徴があります。

自分にも当てはまることがある、という人はその点に意識をして少しずつ改善するだけでも、ずいぶんと印象が変わりますよ。