一人暮らしの女性にありがちな特徴とは

最終更新日:2017年7月27日

大学進学や就職などをきっかけに一人暮らしを始める人は多いですね。

ここでは一人暮らしの女性の特徴についてご紹介します。

1.防犯対策や防犯グッズに気を遣っている

例えば大学進学をきっかけに一人暮らしを始めるという女性の場合、

もっとも気にするところと言えば住まいの環境についてだったり、治安に関することでしょう。

両親にとっても大切な娘ですからいくら子供の望んだ道であっても出来るだけ親元から学校へ通わせたいというのが本音です。

そこで、住む場所のリサーチはかなり慎重に行っているかと思いますし、

生活するにおいての防犯意識はきっちりと伝え教えているはずです。

女性の場合、もしも何かあった時に体力的にどうする事もできない状況に陥る可能性が高いですね。

ですから、防犯対策や防犯グッズには人一倍気を遣っていると言えるでしょう。

学校や仕事場から帰る時でも、近道よりも多少遠くても人通りの多い明るい道を選ぶでしょうし、

一人で帰るよりも近くまで一緒に誰かと帰れる時にはそのようにお願いするでしょう。

洗濯物に男性物のシャツを混ぜて干してみたり、玄関の靴も男性物を置いておくなど、

常日頃から防犯意識は高い女性が多いという事が出来るでしょう。

2.友人関係が広く横の繋がりが強い

両親や恋人と一緒に住んでいるという女性よりも、

一人暮らしをしている女性の方が友達からのお誘いも多くなると考えられますね。

自分一人で生活しているわけですから、スケジュールの調整も簡単に出来ますし、

誰かに合わせて行動する必要もありませんから、誘う方も気兼ねなく声をかける事が出来ると言うものです。

女性は特に何かをする時に誰かと一緒に行動をしたがる傾向にありますから、

例えば自宅で食事をしたりする時も何人か女友達を誘って鍋パーティーをやったり、

美味しいランチが食べられる店があると知れば、休日に仲の良い友達で集まって料理をシェアしたりして楽しむでしょう。

そういった交友関係は共通の趣味を通じてどんどんと広がっていきますから、

自然と友人の数は増え、横の繋がりも強くなっていくはずです。

自分のスケジュールが開いている時に気軽に呼び出すことの出来る独身女性や、

一人暮らしの女性といった友達が集まってくる事が多く、お互いの境遇を話し合ったりすることで、

より一層絆を深める事にもつながるでしょう。

3.雑貨やおしゃれにあてる費用が大きい

一人暮らしをしている人というのは、生活費を誰かに頼る事無く自分でやりくりしているというケースの方が多いですよね。

学生でまだ両親からの仕送りに頼っている場合は別としても、自由に使えるお金が手元に多少でもある場合、

一人暮らしの部屋は自分好みの雑貨や家具などでいっぱいでしょう。

自分の好きなセンスで部屋を飾り、好みのテイストでインテリアを楽しんでいるはずです。

インテリアに一切興味がないという人であっても、部屋を乱雑にするか整理するかは自分次第ですから、

結果的に暮らしている部屋は自分好みの快適な空間になっていると言えますね。

また、おしゃれに関しても女性ですから関心は高い人が多いでしょう。

服やバッグ、アクセサリーなど身につけるものに多くの費用を当てていたり、美容などに力を入れている人も多いですね。

お金の使い道を誰からもとやかく言われないというのが一人暮らしの良いところですから、

関心のあることに対しては比重を多めに費やす事で楽しく生活しているという事が出来るでしょう。

恋愛に関してもオープンな場合が多い

実家暮らしで両親と同居をしている女性に比べ、

恋愛に関しては圧倒的に一人暮らしの女性の方がオープンな人が多いという事が出来ますね。

自宅デートを頻繁にしているという人も多いでしょうし、両親の心配を気にすることなく、

しょっちゅう飲みに行ったり遊びに行ったりする事が可能だからです。

急に誰かが泊まりに来たり、逆に泊まりに行ったりする事も自由に決める事が出来ますから、

そういった意味では制限の少ない恋愛を楽しむ事が出来ると言えますね。