インスタを非公開にする人の特徴3個

インスタを非公開にする人の特徴3個

今、世界各国で幅広い世代に人気のSNS・インスタグラム。

芸能人にも多くの利用者がおり、インスタグラムによって有名になった人も数多くいます。

しかし、誰にでも見られる公開設定の人も多くいる一方、

非公開設定にして限定された人のみ閲覧できるようにしている人もいます。

その話題のインスタグラムで、非公開にする人の特徴をご紹介します。

1.プライバシーを守りたい

近年、SNSに掲載した写真や動画によってフルネームや自宅などの個人情報がバレてしまったり、

他人に自分の写真を悪用されたりするなど、様々な問題が起きています。

そのほとんどの原因が、アカウントを公開設定にしているため。

アカウントを公開設定にしていると、世界中の誰もが閲覧できる状態になってしまいます。

写真を使って悪さをしようとしている他人にさえも、自分の情報がダダ漏れになってしまうということになります。

しかし、非公開設定にすると、自分が許可したフォロワーのみ閲覧可能となるので、

知り合いなど限定された人のみ閲覧できるようになります。

自分の知っている人だけがフォロワーであれば、安心して投稿することができます。

プライバシーを守りたい人は、非公開にする場合が多いでしょう。

2.誰にも見られたくないアカウントだから

最近では、誰に見られても構わない・誰かと共有したい公開用アカウントと、

誰かに見られたくない・自分が日々を振り返るためだけの非公開アカウントを持っている若者も多くなります。

公開用アカウントには、テーマパークへ遊びに行った・美味しいものを食べた等、

当たり障りのない写真や動画をアップし、見てくれている人と気持ちを共有したり、

コメントがほしくて投稿する場合もあります。

逆に、非公開アカウントは自分の趣味や誰にも見られたくない秘密の写真や動画などをアップし、

自分だけが振り返れるようにしています。

特に、誰にも話していない自分だけの趣味がある人は、非公開設定は鉄則です。

思い出に残しておきたいけど誰にも見られたくない、そんな人は非公開に設定します。

3.フォロワー数を獲得したい

インスタグラムは公開設定にしていると世界中の誰もがアカウントの写真や動画を気軽に閲覧する事が出来ます。

それは、お金を払わずに写真集を見られるようなものです。

非公開設定にするとフォローを認証された人のみが閲覧できるので、

フォロワーはその写真や動画を見られることが楽しみになりますし、写真や動画に価値があるように感じます。

また、フォロワー数が多ければ多いほど、周りから注目されているという印象になります。

非公開アカウントをフォローする人は、そのアカウントの持ち主のプライベートが知りたいという意味でもあります。

公開設定にしているとフォローしなくても簡単に見ることができるので、

逆に言えばフォローする必要がないということになります。

フォロワー数は、ある意味そのアカウントの持ち主のステータスとも言えるでしょう。

このようにフォロワー数を獲得する事によって自分は注目されているんだという自信に繋がることもあります。

非公開にする人にはそれぞれさまざまな理由があります。

いずれにしても写真や動画はとてもプライベートなものなので、

非公開にすることによってメリットはたくさんあります。

公開設定にしてたくさんの人に見てもらうことによって注目度が高くなる場合もありますが、

個人情報のダダ漏れに覚悟しなければいけないでしょう。

インスタグラムを利用する人は年々増えていっているので、

疎遠になった友人や知り合いなどと繋がれるようになることもあります。

非公開でお互いの知らなかった部分を見られるようになるのはいいことですね。

インスタを非公開にする人の特徴3個の関連記事