儚げな人の特徴4個

儚げな人の特徴4個

儚げな人は、どことなく暗い雰囲気が漂い、不幸せそうなオーラを醸し出している人です。

そのため、生き生きとした活気が感じられず、

周囲にいる人は「この人は大丈夫だろうか」と、ついつい彼らを心配してしまいます。

では、儚げな人とは、具体的にはどのような人なのでしょうか。

その特徴についてご紹介します。

1.顔色があまり良くない

儚げな人は、いつも顔色があまり良くありません。

健康な人や活気にあふれた人は、肌にツヤがあります。

そして、血行が良いので、頬もほんのり赤くなっています。

しかし、儚げな人は、顔色が青白買ったり土気色だったりして、どこか不健康な雰囲気を醸し出しています。

肌にもツヤがないので、顔を見るだけでも「元気がなさそう」という印象を与えてしまいます。

儚げな人は、普段からあまり自分の健康に気を遣っていません。

栄養のバランスが悪かったり、睡眠がきちんととれていなかったり、運動不足だったりすることが非常に多いのです。

その結果、顔色が悪くなり、顔全体の雰囲気が儚げになってしまいます。

2.声が小さく、自分の意見をきちんと言えない

儚げな人は、会話をする時、声が極端に小さいということが特徴です。

まるで蚊が鳴くような小さな声でしか話ができないため、人と話していても、

明るい空気や楽しい空気を作り出すことができません。

彼らは、自分の意見を人にきちんと伝えることも苦手です。

自分に自信がないため、ついつい人前でオドオドしてしまい、言いたいことが何も言えなくなってしまいます。

そのため、彼らは、暗くて元気のない会話しかできません。

その結果、彼らと話している人たちもまた、彼らの儚げな雰囲気に流されてしまい、

どんどん暗い気分になっていってしまいます。

3.身体が弱く、何かあるとすぐに体調を崩してしまう

儚げな人は、体がとても弱いということが大きな特徴です。

彼らは、基礎体力や抵抗力や低いため、何かあるとすぐに体調を崩してしまいます。

そして、1度体調を崩すと、とことんまで悪化してしまい、なかなか回復することができないということも特徴の1つです。

そのような状態を長年繰り返しているため、彼ら自身も「常に体調が悪い」という状態に慣れてしまっています。

その結果、いつしか「体が弱い」という言葉に甘えるようになってしまい、

「少しでも丈夫になるために努力しよう」「健康を取り戻すために、生活習慣を改善しよう」といった意思もなくなってしまいます。

そのため、不健康な状態はいつまで経っても改善しません。

そのような体の状態が、彼らの醸し出す雰囲気にも色濃く表れてしまっており、

多くの人から「活気がなく、儚げな雰囲気の人」というレッテルを貼られてしまいます。

4.うつむき加減でトボトボ歩く

儚げな人は、姿勢が悪く、いつもうつむき加減です。

そして、常に疲れたような様子で、トボトボ歩いています。

これでは、人から「不幸そうで儚げな雰囲気だ」と言われても仕方ありません。

うつむき加減の姿勢やトボトボとした歩き方は、彼ら自身のメンタルにも大きく悪影響を及ぼしています。

このような立ち居振る舞いを続けていると、呼吸が浅くなって、落ち込みやすくなります。

その結果、常に精神的にネガティブな状態のまま過ごすことになり、

不幸そうで儚げなオーラを更に大きくしてしまいます。

いかがでしたか。

儚げな人は、基本的に、体の健康状態があまり良くない人が大半です。

精神面を見てみても、「自分の内に閉じこもりやすいタイプ」であると言えます。

このような心身の状態が、彼らの周りをまとっているオーラとなって、そのまま表れてしまいます。

しかし、彼らの場合、その状態に長年慣れてしまっているため、そのような自分の現状をなかなか改善しようとしません。

その結果、そのままずっと不幸せな人生を歩んでしまうようになることが多くなります。

この悪循環から抜け出すためには、意識的に自分自身を変える努力を始めることが不可欠です。

儚げな人の特徴4個の関連記事