老け顔の人の特徴3個

老け顔の人の特徴3個

自分よりも年上だと思っていた人が実はかなり年下だと知って驚いた事はありませんか?

ここでは老け顔の人の特徴についてご紹介します。

1.面長な輪郭で目が細い

子供の頃はみんな頭が大きくて、パッと見で3頭身くらいの体型に見えるものですよね。

幼い子供は丸顔でくりくりとした大きな目が特徴的ですが、それとは正反対の、

小さな目で面長な輪郭の人というのは年齢のわりに老けた顔に見られることが多いでしょう。

目の位置が顔の下の方にある人というのは幼く見られる傾向にあり、

反対に顔の上の方にある人というのは年齢が高く見られます。

加えて目が細く眉毛も細い人というのは老けて見られがちで、同級生からは敬語で話しかけられる事もあるでしょう。

修学旅行などで一人生徒ではなく引率の先生と間違えられたり、

年齢制限のある会場や乗り物などもチェックを受ける事無くパスする事も多いはずです。

外見的に老け顔に見られるだけであって、中身はもちろん自分たちと同じ感性を持っていますから、

学生時代には同級生の間、大人にしか頼めない事なども任されたりして重宝がられる事が多いタイプだと言えるでしょう。

2.標準よりもふっくらしている

面長な輪郭の人というのも老け顔に見られがちな顔立ちですが、

反対に標準よりもふっくらとしていて全体的にふくよかな人というのは老け顔の印象が強くなってしまいます。

周りの人から「先輩」「社長」「おばちゃん」「おじちゃん「パパさん」「母ちゃん」などと言うような、

ちょっと自分よりもしっかりしていて年上で頼りがいのある存在の人のあだ名を付けられる事が多いと言えるでしょう。

また、そういったあだ名で呼ばれ続ける事で本人的にもそのようなキャラクターを演じてしまったり、

そういったキャラクターの立ち位置で心地良く感じてしまうといった傾向にあります。

ふっくらとした顔立ちの人は細身の人に比べると、印象として幸福そうだったり、

裕福そうだったりしますから「一緒にいると安心する」と友人などから言われる事も多いはずです。

同年代の人に比べるとファッションも若干実年齢よりも上の人が着るような服を身につけた方が似合う場合が多く、

自分の好みで実年齢をターゲット層にしているような服を選ぶと、

逆に全く似合わないといった悲しい現実が待ち受けているという事も出来ますね。

3.肌に張りがなく眉毛が下がり気味

赤ちゃんのようなプルプル肌の人というのは、年齢以上に若く見られる傾向にあります。

反対に、肌に張りがなくいかにも肌が乾燥していそうな人というのは実年齢よりも高く、老けて見られてしまうでしょう。

年を取ると肌の張りは失われ、筋肉も弱ってくるので皮膚もたるんでしまいます。

皮膚がたるむと必然的に眉尻や目尻、口角などが下がってしまうのですが、

若くても眉毛が下がり気味な人というのはそのような視覚的な認識から老け顔に見られてしまいます。

肌に張りがなくても眉毛が上に上がっている人や、眉毛が下がり気味であっても、

肌に弾力があってツヤがある人というのは若く見られることが多いです。

肌に張りやツヤがなく、眉毛も下がり気味な人というのは、

顔のパーツの位置に関わらず印象として老け顔に見られることが多いと言えますね。

老け顔がいつまでも老けているとは限らない

老け顔で悩んでいる人は多いかと思いますが、

実は老け顔の人というのはある程度の年齢を過ぎると反対に若く見られることが多くなります。

例えば10代の頃に30代に見られていた人は、実際30代を迎える頃になると、

同年代の周りの人と比べて若く見られることが増えてくるのです。

老け顔の人の顔というのは年をとってもあまり変化が大きくない為に、

いつの間にか「若いね」と言われる事が増えてくるラッキーな人であるとも言えるでしょう。

老け顔の人の特徴3個の関連記事