涙もろい人の感情的な特徴6個

涙もろい人の感情的な特徴6個

人は大人になるにつれて泣くという機会が少なくなっていきます。

ですが大人になっても涙もろい人というのは存在します。

そんな涙もろい人の特徴についてご紹介していきます。

1.感情の起伏が大きい

涙もろい人というのは感情の起伏が大きい人ということが出来ます。

つまり涙もろい人の特徴としてはよく泣くというだけではなくて、

喜怒哀楽が人よりはっきりしていて、表情や態度に出やすいのです。

感情を素直に表現することが出来るのはとても魅力的だと言えますし、

周囲から見たらとても分かりやすい人と言うことが出来ます。

最も社会に出たら建前も覚える必要がありますし、会社ではいろいろ我慢しないといけないことも多いでしょう。

その分プライベートでは涙もろいという人は少なくないと言えます。

2.情に弱い

涙もろい人の特徴としては感受性が強く他人に対して感情移入をしやすい人と言えます。

だから自分のことでもよく涙を流しますが、他人事でも涙を流すことが多いので優しい人と言えるでしょう。

人間は自分の経験から他人に起こった出来ごとに対して反応します。

だから自分と同じような経験としていたら共感したり、

自分では絶対に耐えられないと想像するだけでも悲しくなってしまったりするものです。

ツライ出来事を乗り越えて強くなる人も大勢います。

ですがツライ経験をしているから自分と似た境遇の人の話により感情が動いて涙を流してしまうものです。

3.涙が出やすい体質

体質というのは個人差があり、涙も出やすい人とそうではない人が存在します。

悲しいと思ったらすぐに涙が出てしまう人もいれば、

どれだけ悲しくてもなかなか涙が出ないといった体質の人も存在します。

また女性の場合は男性と比較して感情の起伏が大きい人、涙もろい人が多いのが現状です。

それも体質が密接に関わっていて女性はエストロゲンと

プロゲステロンという2つの女性ホルモンが入れ替わることにより月経周期が発生します。

ですが強いストレス、疲労を感じると女性ホルモンが入れ替われない場合があり、

そういう時は普段よりイライラを感じたり涙もろくなってしまいます。

これも女性特有の体質といってもいいでしょう。

4.情緒不安定

涙もろい人の中には情緒不安定な人も存在します。

感情のコントロールが出来ずに、特に理由がないのにいきなり泣き出してしまったり、

少しのことで凹んでマイナスのループにハマってしまい涙が止まらなくなってしまうケースもあります。

またストレスが溜まってイライラして過剰に反応し泣いてしまう場合もあります。

ですが涙というのは実は我慢するより積極的に出してしまった方が感情は落ち着きますし、

心の浄化作用があって泣いたらスッキリすることもあります。

なので泣くこと、感情を吐き出すことはストレス発散効果があるので泣きたい時は思い切り涙を流すことも時には必要です。

5.純粋な人

人間は大人になるにつれていろいろな事に慣れていきます。

なので些細なことでは泣かなくなるし、人前で泣くことは恥ずかしいと思うようになります。

だからこそ大人になっても涙もろい人というのは子供のように純粋な人ということが出来ます。

身近にいたら思わず守ってあげたくなるような人ということが出来るでしょう。

6.モノを捨てられない人

涙もろい人の特徴としてモノを捨てられないというのを挙げることが出来ます。

一見何の関係もないように思えるかもしれませんが、

涙もろい人は優しい人が多いのでモノに対しても慈悲心を感じます。

だから壊れたモノでも捨てるのは可哀想と取っておくという特徴があります。

特に長年使ったモノに対しては愛着があるので捨てるのは

忍びないと思ってしまい家の中に不要なモノが溜まってしまいます。

いかがでしたか。

涙もろい人の特徴は感情の起伏が大きく情に弱い人ということが出来ます。

また涙が出やすい体質というモノもあり女性と男性とでは女性の方が涙もろい人は多いと言えます。

さらに情緒不安定な人も含まれますが、純粋な人といって美点もあったりモノが捨てられない人といった困った部分もあります。

涙もろい人の感情的な特徴6個の関連記事