先陣を切る人の特徴5個

先陣を切る人の特徴5個

あるものごとを、まわりの人よりも先に行うことを「先陣を切る」と表現します。

最初にチャレンジし、他の人はそれに従うことになる先陣を切る人にはどんな特徴があるのか、

見ていくことにしましょう。

1.勇気がある

他の人はまだ誰も経験したことのないことに、

最初にチャレンジするのですから、当然そこには勇気が必要です。

新しいことにチャレンジするときは、必ずリスクが伴います。

誰か一人でも経験していれば、その人から話を聞いたり、

その人の様子ややり方を見て判断して、リスクを事前に回避することもできるでしょう。

しかし、まだ誰も経験していないのですから、どんなリスクがあるのかはわかりません。

もちろん、ある程度、想定することはできますが、想定外のことが起こる危険性はあります。

そうしたリスクを覚悟しながら、誰よりも先にそのことを行うには、人より優れた胆力が必要でしょう。

失敗を恐れない勇気、想定外のことが起こるリスクを覚悟しながら、

前に進むことのできる胆力を具えているのが、先陣を切る人の大きな特徴です。

2.向上心がある

もし、今の状態に満足し、これ以上自分を高めたいとまったく思わなければ、

あえて先陣を切るということはしないに違いありません。

前項で説明した通り、先陣を切ることには小さくないリスクが伴います。

そうすることで傷つくかもしれないのですから、現状に満足しているなら、わざわざそんなリスキーなことはしないでしょう。

先陣を切る人は今の自分に満足していません。

自分の現状を見つめながら、「もっと向上したい。

もっと成長したい」と思っているのです。

先陣を切る人にはチャレンジ精神がありますが、チャレンジ精神は向上心から生まれると考えていいでしょう。

自分をより高めたいと思うからこそ、リスクを覚悟で、人のやっていないことにチャレンジすることができます。

3.自己犠牲の精神がある

まわりの人が誰もやったことのないチャレンジをする人には、自己犠牲の精神があるという特徴もあります。

くりかえしますが、先陣を切ることにはリスクがあります。

失敗して痛い目にあうかもしれません。

例えば、会社で社運を賭けたような新しい取り組みをするとしましょう。

失敗すれば会社の存続にも関わるような新規事業です。

「そんな責任の大きな仕事はやりたくない」と思う人は少なくないでしょう。

そんな中で、自分が先陣を切ってその事業に取り組む人には、

「自分が傷つくことがあっても、会社のために尽くしたい」という気持ちがあります。

また、先陣を切った人が倒れることがあっても、それに続く人は先陣を切った人の例を参考にして、

リスクを回避することができるに違いありません。

つまり、先陣を切る人は、次に続く人のために自分を犠牲にすることができます。

4.目立ちたがり

先陣を切れば、当然他の人の注目を集めます。

ですから、引っ込み思案な性格で、目立ちたくないと思っている人は、

先陣を切ることは避け、あとから人に従う道を選ぶに違いありません。

先陣を切れば目立つことを知っていて、だからこそ人よりも先んじて行動を起こすのが、

先陣を切る人と考えていいでしょう。

つまり、目立ちたがり屋というのが、先陣を切る人の特徴の一つです。

5.失敗してもマイナス思考にならない

一度失敗したからと言ってチャレンジをやめないのも、先陣を切る人の特徴です。

先陣を切る人は、ほかの人の経験していないことに挑戦し、

たとえうまくいかなかったとしても、マイナス思考にはなりません。

その失敗を次に生かそうとし、「次こそきっと成功させよう」という前向きな気持ちでものごとに取り組むことができます。

失敗してもめげることなく、常に前を向いてチャレンジを続けていくことができるのが、

先陣を切る人ということができるでしょう。

他の人に先んじてものごとにチャレンジする人について、

ここでは主に心理面に注目して5つの特徴を紹介しました。

先陣を切る人とはどんな人なのかを知るための参考になさってください。

先陣を切る人の特徴5個の関連記事