離婚を回避する方法4個

離婚を回避する方法4個

結婚生活も長くなってくると、新婚当時の恋愛感情は薄れて相手の嫌な面ばかり目についてしまう時期があります。

お互いが馴れ合いになって二人の距離感が近くなり過ぎてしまうと、夫婦関係を解消してしまいたくなるかもしれません。

また、自分には離婚をする気がなくても、パートナーから離婚を切り出されることがあります。

そんな離婚の危機が訪れた時、できることなら離婚せずに危機を乗りこえられたらいいですよね。

離婚を回避するためにはどのような方法があるのでしょうか。

1.自分を見つめる

離婚を回避する為には、まずは自分自身を見つめ直しましょう。

パートナーの嫌なところばかりを責め立てずに、自分に至らなかった点はなかったのか冷静に振り返ってみましょう。

二人の関係が馴れ合いになり、遠慮せずズケズケと相手が傷つくような言葉を言っていませんか。

手伝ってくれた時には、きちんと「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていますか。

長い間一緒に暮らしていると、思いやりや遠慮の気持ちがいつの間にか薄れてきてしまいます。

結婚生活での自分の反省点や改善点を一度見つめ直してみた方が良いでしょう。

どんなことで旦那とケンカをするのか、自分が相手にどうして欲しいのか、

どんな夫婦になりたいのか、メモしてみると今後の夫婦関係の役に立つはずです。

2.夫婦で話し合う

離婚の危機になりそうな時には、夫婦でしっかりと話し合いの時間を作りましょう。

ここで気を付けるべき点は、話し合いで感情的になってケンカに発展しないようにすることです。

自分が離婚したくないのであれば、その気持ちをきちんと相手に伝えることも大切です。

夫婦だからこそ、照れくさくなってしまい、大切なことを伝えないまますれ違うケースもあります。

言葉は相手に言わなければ、きちんと思いを伝えることができません。

照れや意地で自分の素直な気持ちを伝えられなければ、相手が理解することはできないでしょう。

離婚の危機が深刻な時は、話し合いを長期化させることで、相手の怒りが落ち着いて冷静になる可能性もあります。

怒りに任せて離婚をしてしまうことは避けられます。

3.相手を思いやる

もしあなたが離婚したくないのであれば、あなた自身が変わらなければなりません。

夫婦関係が崩れてきたのであれば、夫婦の信頼関係を修復するために行動をおこしましょう。

いつも相手に対する不満や愚痴をついブツブツ文句言ってしまうようであれば、相手の良い面に目を向けてみましょう。

旦那には「お仕事ご苦労様。

家」、妻には「家事をいつもありがとう」と声に出して感謝を伝えてみましょう。

長い間一緒に生活している為に当たり前だと感じていることは、とてもありがたい大切なことです。

相手の欠点を指摘するのではなく、相手を思いやり長所を褒めてあげましょう。

パートナーに時間を掛けて美味しい料理を作ってみたり、小さなプレゼントをあげてみたりするのも良いでしょう。

崩れた信頼関係は、自分で修復するしかないのです。

4.第三者に相談する

離婚の危機を回避する最終方法は、第三者に相談することです。

できれば、両親や兄弟などの身内に相談する方が頼りになるでしょう。

夫婦二人の間に第三者を立てることで、お互いが冷静に前向きに話し合いをすることができるかもしれません。

身内であれば、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

両親であれば、夫婦関係を続けている大先輩です。

良いアドバイスをしてくれることもあるはずです。

自分の両親の意見になら素直に耳を傾けれられることもあるでしょう。

夫婦二人での話し合いでは、どうしても夫婦関係に改善が見られないようであれば、

協力者を見つけて相談してみましょう。

離婚を回避するためには、まず自分自身を見つめ直し、至らなかったところは無かったか振りかえってみましょう。

そして、夫婦で話し合いの時間を設けて下さい。

照れや意地などを振り払って自分の素直な気持ちを相手に伝えることが大切です。

夫婦関係を修復するためには、相手の欠点に対して不満を言うのではなく、

長所を褒めてあげて相手を思いやる必要があります。

どうしても、夫婦二人では関係を修復することができないのであれば、

相談できる第三者を見つけて協力してもらうのも良いでしょう。

離婚を回避する方法4個の関連記事