好青年の特徴4個

好青年の特徴4個

好青年という言葉、もしも自分が言われたら、嬉しく感じますよね。

好青年のもつイメージは、十中八九で良いイメージです。

では、好青年と言われる人物はどんな特徴を持っているのでしょうか。

1.礼儀正しく人当たりが良い人

好青年と言われる人物が持っている特徴のひとつには、周囲の人々への礼儀正しさがあります。

仕事に関してもプライベートに関しても、ご近所に関しても常に礼儀正しく、

日頃から挨拶が行き届いていたり、必要ならばお礼やお詫びも抜かりなく出来てしまう人物です。

それは目上の人だけではなく、同僚や後輩、友人関係に至っても同じです。

これは、自分の周りの人物の一人一人を大切にしていると捉えられますよね。

決して自分の損得を優先することなく、自分を取り巻く人々を分け隔てする事もなく、

平等に見て対応している事で周囲から一目置かれ、若いのにできた人だと好感を得ているのです。

そして周囲人々は「人当たりが良いな」という印象も同時に感じます。

2.親切で優しさを感じる人

親切で優しさを感じられる事も好青年の大きな特徴ですね。

例えば、お年寄りの荷物をサッと持ってあげたり、ご近所に頼まれた事を嫌がる素振りも見せずに、

サラッと引き受けてくれたり、小さな子供の相手でも得意不得意関係なく自然と対応するなど、

親切で優しさのある行動を自然と出来てしまう人物です。

あまり拘りがないという言い方も出来ますが、「自分ができることならば、やりましょう」と言うような潔さもありますね。

たとえその結果が上出来ではなくても、周囲人々は好意的に協力してくれますし、

その潔さや頼りがいに高評価をしてくれます。

誰かのためになるなら、誰かのお役に立てるなら、という謙虚でありながらも頼り甲斐もあり、

優しく親切な印象が、より周囲の信頼を得ることになります。

3.信念があり流されない

好青年の特徴には、信念があり流されないという特徴もあります。

協調性がありつつも、決して長いものに巻かれない強さです。

普段は人助けの様な事柄も引き受けてくれ、周囲を助けるような行動をしてくれるのでとても協調性があります。

しかし、周囲の人々が同じ意見でまとまっていても、相当考えても何か違うとか、

間違っていると確信した物事に関しては首を縦に振らず、

気後れする事なくしっかりと意見をしたり断りを入れる事ができます。

相当目上の人物であっても、相手を立てながらも誠意をもって自分の意見を伝えるので、

その意見が採用されてもされなくても、行動自体が「なかなか出来る事ではない」といったふうに評価されます。

また場合によっては自分が引き、周りと一緒になってフォローに回る事もします。

それを見た周りの人は「一本筋が通った人物」という印象になるので、

信頼もされ目上の方から可愛がられます。

4.清潔感がある爽やかな人

そして、好青年に必要な特徴の第一条件と言えば、見た目の清潔感と爽やかさです。

見た目という判断材料は、実は意外にも大きな役割をしています。

いくら礼儀正しく、優しさに溢れた人物であっても、

見た目がだらしなかったり、不潔そうだったらどうでしょうか。

その時点で好青年とは言われなくなります。

ぱっと見た印象が、清潔感に溢れていて爽やかだからこそ、

きちんとした感覚を持った人間だと印象づけられるのです。

その印象にプラスアルファで、好青年と言われる材料がついてくる、と言っても過言ではありせん。

身の回りの事が人並みにしっかりと出来ている、ということが見た目に表される訳です。

人となりがしっかりしているからこそ、印象が良く、共感を持たれる元となります。

好青年とは、感心できる要素があり一目置かれる人物

世間で言われる好青年とは、周りの様々な年齢層の人々から何かしら感心され、

大小かかわらずに「なかなか出来る事ではない」と一目置かれる人物ですね。

挨拶であったり、礼儀正しさであったり、その理由は様々ですが、

やはり一本筋の通った行動をする人物に変わりありません。

真似をしようとして直ぐにできる事ではなく、

本人の性格や幼少からのご両親のしつけがきちんとされていた結果なのだと多くの方が感じるはずです。

もしも身近に「好青年」と感じられる人物がいたなら、

素敵だなと感じた部分を見習って、自身の成長に繋げていきたいですね。

好青年の特徴4個の関連記事