印象によって人の性格をイメージしたり、近付きたいと思ったりするもので、

人から得る印象は意外と人間関係の始まりでは大事な傾向にあります。

印象に残る人になる為にはどう発言したり行動すべきなのか。

印象に残る人の特徴から、学ぶことができるかもしれません。

1.普通とは違って見える人

普通の人、特に目立たない人は、周りから見て印象に残ることはあまりありません。

発言することが少なかったり、表情をあまり変えない人は、「普通」と思われてしまい、それ以上の感覚を与えることができません。

例えば豪快に笑っていたり、意見を多く述べていたり、派手な格好をしていたら、あなたはその人を見てどう感じるでしょうか。

あなたの思う「普通」から飛び出ているかのように感じ、後々も印象に残るのではないでしょうか。

普通ではなく、人よりも目立つ存在であったり、発言力がある場面を見せることで、印象に残る人になれます。

消極的な人よりは積極的な人の方が印象に残りやすいと言えるでしょう。

2.周りに人が集まりやすい人

常に笑顔でいたり、コミュニケーションが上手にとれる人は、自然と周囲に人が集まってきやすいですよね。

それだけ魅力的で、近付きやすい印象を与えることができる人は、人から「羨ましい」と思われて印象に残ることが多いです。

例えば仕事や学校などで、集団で何かをしなければならない時や、

協力が必要な時、多くの人から信頼されて人が集まってきやすい人を、

「能力が高い人」「影響力がある人」と思う人が多く、「自分もそんな人になりたい」と羨む気持ちになりやすいです。

目標となる人や信頼される人に対して、この羨ましい気持ちを抱くことで、その人の印象が強く残るのです。

多くの人が集まる人であると、「あの人は色んな人と仲良くできている」と思え、

一体どんな人なんだろうと関心を示すようになります。

人気が高い人になれるよう、コミュニケーション能力を高めてみると良いでしょう。

3.個性が強い人

それぞれ皆個性があるものですが、あまり見ないような個性を持っている人は目立ちやすく印象に残りやすいものです。

人とと変わった仕事をしている、あまり聞いたことのない情報を知っている、

趣味が変わっているなど、個性となるものが異色を放つものだと余計に印象が残ります。

人はあまり想像できないものや把握していないことに興味を強く示すもの。

「どんなものなんだろう」「分からないことだらけ」という状況になると、少しでも知ろうとすることで興味を示します。

その対象となるものが、個性ある人だった場合、良くも悪くも印象に残ってしまいます。

それによって秀でるものがあったり、優れていると感じることができれば、

良い意味で印象に残ることも多く、興味を持たれるために印象に残るという形になります。

4.大きな特徴を持っている人

例えば髪が異常に明るい、身長がすごく高い、話し声が声優みたいなど、

大きな特徴となるものを備えている人は印象に残りやすくなります。

その人の特徴を把握しやすく、頭に残りやすいことから印象が強くなります。

あまり見かけないような特徴を持っていたり備えていると、驚きや衝撃を受けることが多く、

その人を見ると印象の部分を思い出します。

仮に名前が分からなかったとしても、「あの背の高い人」と言われただけでパッと想像できてしまうのは、

その印象が強く残っているからです。

印象に残りたいと思う人は、人とは少し違う特徴を持ってみると良いかもしれませんね。

印象に残る人=良い人とは限りません。

中には悪い印象を与えてそれが強くインプットされてしまうこともあり、

人と異なるものを持つことでデメリットとなってしまう可能性もあります。

ただ、人見知りであったり、人と仲良くなりたい人は、相手の印象に残るように行動すると良いことも起きます。

自分がどんな印象を与えたいかを踏まえた上で、どんな方法でアピールすることができるか考えてみると良いでしょう。