デート後に女性からLINEを送る時に気をつけたいこと5個

デート後に女性からLINEを送る時に気をつけたいこと5個

デート後に相手の男性へLINEを送るとき、あなたはどんなことに気を付けていますか。

せっかくの楽しいデートの後ですから、なるべく変なことを送って相手の気分を害したくないものです。

今回は、デート後に男性へLINEを送る際に気を付けることをご紹介します。

1.気遣いに感謝する

デートではおそらく相手側が、自分を楽しませるためにたくさん気遣いをして動いてくれていたことでしょう。

そのことに感謝することがまず第一に重要になってきます。

その際は、ただ一言「いろいろ気遣い有難うございました」伝えるのではなく、

「あの時さり気なくこうしてくれたことが嬉しかった」など、具体的に伝えられとポイントが高いです。

自分の気遣いを褒められて嬉しくない男性はいないでしょうし、

具体的に言ってもらえることでその嬉しさはさらに大きくなります。

「またこの人を誘いたい」と思ってもらえるように、具体的な感謝を伝えましょう。

2.ご馳走になったら「ご馳走様」は必ず伝える

意外と忘れがちなのが「ご馳走様」の一言です。

マナーの一つですが、この一言が抜けていることを意外と気にする男性も多いのです。

食事をおごってくれる男性も多いでしょうが、そのことを当然と思わず「ご馳走様」は必ず伝えるようにしましょう。

これは男女の仲でなくても重要なことではありますが、

この一言が抜けていることで「非常識で傲慢な人」と思われてしまうこともあるので、注意が必要です。

3.ネガティブなことは言わない

せっかくの楽しいデート後のLINEですから、マイナスなイメージを持つような言葉は避けるようにしましょう。

「暑かった」「寒かった」「疲れた」などがあるメッセージよりも、

「気持ちよかった」「楽しかった」「嬉しかった」など、

明るい言葉がたくさんあるメッセージの方が受け取って気持ちよいのは明らかですよね。

またデート中のことで自分の不手際などで謝りたいことがあっても、

デート後に初めて送るLINEは明るい感想や感謝などであふれている方が好印象な場合が多いです。

「あまり喋れなくてごめんなさい」「途中迷ってごめんなさい」などの言葉は、そのあとに送ると良いでしょう。

4.次の約束に繋げる提案をする

次を意識しているのであれば、必ず次回の約束に繋げる一言を入れましょう。

「次はここに行きたいな」など、自然と次の予定の話へ進むような言葉がベストですね。

それが入ることで次の行き先や日程の相談などで会話も盛り上がるので効果的です。

その日の感謝だけではなく、最後は相手に次回を意識してもらえるようなメッセージにするのが良いですね。

5.ちゃんと相手を見ていることがわかる一言を添える

上で触れた具体的な気遣いに感謝するということに通ずるものはありますが、

自分をしっかり見てくれているということがわかると人は嬉しいものです。

例えば、「いつも仕事ではあまり喋らないのに、普段はこんなに喋るんだね」など、

いつも目にする相手のギャップを感じてそれが良かったということを伝えることなどがあげられます。

「普段より男らしくてかっこよかった」など、自分をしっかり見てくれているということが分かる一言は、

相手にとって効果抜群ですね。

デート中にそんな一面を感じたら、ぜひそのことをLINEでも伝えてあげましょう。

デート後のLINEは「次も誘いたい」と思ってもらえるかどうかの大事なメッセージですし、

そもそも人として大切なコミュニケーションの一つですね。

意外としっかりと言葉で伝えなければ本当に今日楽しんでくれたのかどうかは分からないものです。

今日のデートはどうだったか、自分は楽しくても少し不安な男性も多いでしょうし、

感謝とポジティブな思いは必ず伝えるようにしましょう。

そのメッセージ一つが、次に繋がる大事なきっかけになっていくのです。

デート後に女性からLINEを送る時に気をつけたいこと5個の関連記事