デート中の会話が下手な人の特徴5個

デート中の会話が下手な人の特徴5個

デート中に会話がとてもはずむカップルもいれば、

逆にぎこちなくて会話が続かないカップルもいます。

デート中の会話が下手な人にはどんな特徴があるのでしょうか。

1.相づちしか打たない

会話のキャッチボールでは、基本的に相手が二言三言喋ったのであれば、

こちらも同じくらいの量を話して、会話を盛り上げていくことが理想です。

しかし、あまり会話が得意ではない人は、相手の喋ったことに対して、

「そうだね」「うん」などの相づちしか打たないことがしばしばあります。

これではキャッチボールが成立しませんね。

自分ばかりが喋っていると感じてしまうと、途端に相手は冷めてしまって、会話は盛り上がらなくなってしまいます。

自分は楽しく話を聞いているつもりでも、実際は相づちしか打っていないことに気づいていない人は結構いるのです。

話に同意することは大切ですが、同意の言葉しかむしろ発さない人は、

「本当に話を聞いているのかな」と思われてしまいます。

2.恥ずかしがり

内向的で会話をすることがそもそもあまり得意ではない人は、なかなかデート中も会話を弾ませることが難しいものです。

上のように相づちしか打たなかったり、自分から会話をしようとすることはなかなかないので、

自分から場の空気を下げに行っているようなものです。

会話をすることに慣れるまでは、恥ずかしがりの人は相手を困らせてしまうことはしばしばあるでしょう。

3.否定的な返しをする

我が強い人や、ネガティブな人は、相手が話したことに対して「でもそれは…」と否定から入る癖がついていることがあります。

会話というものはやはり、同意に同意が続いて盛り上がっていくものなので、

否定的な返しばかりでは相手も話していて気持ちよくないですよね。

例えば自分が提案したデートプランに「その店はちょっとコスパが高いから…」などと否定されたり、

「雨が心配だから…」とネガティブな意見を言われては、少なからず嫌な気持ちになってしまいます。

デート中の会話が下手な人の特徴として、否定的な言葉を口にする癖があげられます。

4.自分の話しかしない

気が付けば自分の話しかしていない人、会話があまり盛り上がらないことに対して身に覚えはないでしょうか。

特に自分じゃないと分からないような仕事の話や、相手がよく知らないような趣味の話を自慢げに話されても、

最初は愛想笑いで聞いてくれるかもしれませんが、長続きはしないですよね。

相手に寄り添った会話ができることが、会話が盛り上がるということです。

独りよがりな会話は、会話ではなく、もはやスピーチになってしまいます。

5.話す前に考えてしまう癖がある

寡黙な人は、思ったことを話す癖がありません。

話すよりも、思う、考えることばかりしてしまって、つい会話をおろそかにしてしまいがちです。

また、会話で失敗したくないと身構えてしまう人も、どの話題がいいかあれこれ考えてしまいがちなので、

ついそのせいで足踏みしてしまい、なかなか会話することができなくなってしまいます。

寡黙な人はつい考えてばかりで言葉を発しない癖を直すことが、会話を盛り上げる第一歩ですね。

デート中の会話が下手な人は、相手に歩み寄ることをしようとせず、つい独りよがりになってしまう傾向があります。

自分では無意識でも楽をしたいという気持ちから、会話の主導権を相手に任せきりで、

自分は相づちしか打たなかったり、またはその逆で自分が話したくてしょうがないあまり、

相手にはよくわからない話を続けてしまったり…。

デート中の会話に自信がない人は、相手に寄り添って話すことを第一に意識し、会話を盛り上げる努力をしていきましょう。

相手を思いやり、興味を持つことを心がけるだけで、意外と会話ははずんでいくものです。

デート中の会話が下手な人の特徴5個の関連記事