頭を撫でる人の心理4個

最終更新日:2017年3月18日

人の頭を撫でる機会は、そうそうないことですが、もし人から頭を撫でられたら、

相手がどう思って撫でてきているか気になるものですよね。

頭を撫でる人の心理的特徴には、どんな思いが隠されているのでしょうか。

1.守ってあげたい

頭を撫でる人の中には、相手を「守ってあげたい」という気持ちで撫でていることが考えられます。

守ってあげたいという気持ちを持っていながらも、相手を目の前にした状態で、自分が何をすべきかまだ判断がついていない状態。

「味方なんだよ」「近くにいるよ」ということを撫でることで相手に表現し、安心を与えようとしているのでしょう。

泣いている姿を見たり、弱っている姿を見て、自分が何とかしてあげたいという気持ちが強く、

一つの意思表示として頭を撫でていることが考えられます。

その人はあなたにとって敵ではなく、そばに居て味方になってくれる存在であることを覚えておきましょう。

2.どんな反応をするか試したい

異性にボディタッチとして頭を撫でるという行動をとる人がいますが、

相手の反応を見るために試していることもあります。

頭を撫でた時に嬉しそうにしていたら脈ありだと認識し、

逆に抵抗を見せたり嫌がる素振りがあれば脈なしだと認識します。

これから相手と恋愛関係に発展したいという気持ちを持った時に試す人。

ここで相手の態度次第では、諦めてしまうという選択もあり得ます。

自分が気になっている人や好きな相手から頭を撫でられることがあったら、

拒否したり嫌がるのではなく、素直に受け止めてみるとその後の展開が期待できます。

3.近くにいることを実感したい

電話で話をしている時、LINEでメッセージをやりとりしている時は、

相手と繋がっていながらも、身近に感じることができません。

仮に付き合っているという関係であっても、そばにいる実感が欲しいと寂しがる人は意外と多いもの。

だからこそ、一緒にいる時に近くにいることを実感したいと思う人も多く、

触れることでより実感を高めたいのでしょう。

ただ、手に触れたり肩に触れる程度であれば誰だってしようと思えばできるもの。

自分が特別な存在であり、恋人という関係だからこそできる「頭を撫でる」という行為をとり、

身近に感じたいと思っているのでしょう。

寂しがり屋の人やなかなか素直に言葉にできない人は、このような行動で相手を感じたいと思うのです。

4.相手を落とそうとしている

特に女性の場合は、気になる男性から頭を撫でられたりポンポンとされることにドキッとする人が多いです。

相手の男性が「自分に気があるな」と感じている場合は、

自分の行動によって落として見せようと企んでいるケースもあります。

ある意味男性の口説きの一種で、頭を撫でることでよりドキドキさせて、

自分への気持ちを高めてもらおうとする思いを持っているのです。

仮に相手が自分にまだ興味を示していないとしても、頭を撫でることで異性として意識させようとする人もいます。

相手が気になってはいるものの、なかなか進展せず、友達のような関係がだらだらと続いているという場合に、

頭を撫でて異性であることを認識させるのです。

普段あまりしないようなことをすることで、気持ちに変化を与え、そこから進展を期待している人は、

頭を撫でるという行為を計算的にしている可能性があるでしょう。

気になる人から頭を撫でられたら、嬉しくもありちょっと恥ずかしくもあるものですよね。

相手にとっても「頭を撫でる」という行為には、感情や計算が隠されており、

あなたに対してどのような思いを持っているか確認できるものでもあります。

頭を撫でるということは、少なからずあなたに興味があったり味方だと思ってくれている証拠です。

そこから進展出来るよう、自分も素直になることや、行動で示すことを意識すると良いでしょう。