喪失感が強い人の特徴4個

喪失感が強い人の特徴4個

喪失感とは、自分が大切なものを失った時に感じる悲しい思いのことです。

失ったものへの愛情や愛着が不快ほど、不快喪失感で悲しみが大きくなり、

心のバランスを崩してしまうこともあるでしょう。

卒業式や引っ越しでの別れや、楽しいイベントが終わってしまった後の寂しさ、

失恋で恋人を失う悲しみなど喪失感を感じるときは多々あります。

ですが、みな喪失感を乗りこえて新たな道へと踏み出していきます。

悲しみをいつまでも引きずっているような、喪失感が強い人にはどのような特徴があるのでしょう。

1.依存傾向にある

誰かを失ったときの喪失感が強い人は、その人に対して依存傾向にあるのかもしれません。

誰かに依存することは、安心できる人が側にいることで安らぎを感じて常にその人が側にいることを望みます。

誰か特定の人がいないと安心することができない状態は、

相手に対して愛情があるのではなく、執着があるだけかもしれません。

人に依存しない為には、自分に自信を持つことが大切です。

一人で行動することができるのだと自分に自信を持つことで、

人に執着することがなくなり依存体質からも抜け出せるでしょう。

誰かに寄り掛かって頼りにして生きていると、その人がいない状況が耐えられなくなり、

いなくなった時に喪失感が深くなってしまいます。

2.打ち込むものを持っていない

趣味やスポーツ、仕事など自分が打ち込むことができるのもを持っていると、

気持ちが分散されて、人や物事を失った時の喪失感もそれほど深くはなりません。

そのため、打ち込むものを持っていない人が、喪失感が強くなる傾向にあります。

自分の夢中になれるものを見つけることで、楽しい時間が増えていき、

仲間も増え、上達していく向上心も膨らんでいきます。

自分らしい生き方を見つけることで、何かを失ったときの喪失感も和らげることができるでしょう。

3.考え過ぎる

物事に対して考え込み過ぎる性格の人は、

何かを失ったときにもあれこれイメージしてしまうので喪失感が強くなってしまいます。

学校を卒業する時、多くの人はこれまでの学校生活の思いでや親友との別れ、

楽しい青春時代の終わりに喪失感を感じるものでしょう。

そして、これからの新しい人生に不安や恐怖を感じることもあります。

十分に考えるという行為はとても大切なことですが、考え過ぎてしまうと不安が募り過ぎてしまいます。

気持ちを楽な状態にできるように、考え過ぎる性格を少し緩めてみた方が良いでしょう。

4.感受性が豊か

喪失感が強い人は、変化に敏感で傷つきやすく繊細で感受性が豊かな人が多いです。

感受性の豊かな人はほんの小さなできごとに対しても感動できる心の持ち主です。

その繊細な性格で、周囲の人に優しく接することができたり、愛情深くて心が豊かな人でしょう。

ただ繊細な性格ゆえに、幸福感を感じる能力が優れている反面、嫌だと感じる勘も鋭い場合が多いです。

感受性が豊かな為に、別れの悲しみもちょっとしたことで感じてしまうことがあります。

いかがでしたか。

喪失感が強い人は、人や物事に対して執着心が強く依存体質の傾向にあります。

自分に自信を持って一人で行動することで、誰かがいないと不安になるということも少なくなっていくでしょう。

また、打ち込むことができる何かを見つけることで、気持ちが分散されて喪失感は薄れます。

夢中になれるものを見つけると、楽しい時間が増え、交友関係も広がり、

向上心も湧き、自分らしい生き方を見つけ、喪失感も和らぐでしょう。

また、喪失感が強い人は、考え込み過ぎる性格の人が多いです。

考え過ぎると不安や心配が募るので、少し気持ちが楽な状態になれるように意識してみましょう。

感受性が豊かな為に、繊細で喪失感も深くなります。

ほんの小さな出来事にも過敏に反応してしまうので、別れの際にも喪失感が深くなってしまうのでしょう。

感受性が豊かな人は、その分、人に優しくて愛情豊かで優しい心の持ち主です。

喪失感が強い人の特徴4個の関連記事