一昔前は猫系、犬系といった大きな区分はありましたが、最近ではさらに細分化し動物系彼女といった言い方があります。

犬系、猫系だけではなくうさぎ系、ゴリラ系と非常に多岐に渡っていて、彼女だけではなく男性バージョンも存在します。

ここではそんな数ある区分のひとつである猫系以上にツンデレなもぐら系女子の特徴について紹介していきます。

1.人と目が合わせられない

もぐら系女子は人と目を合わせることを苦手とします。

彼氏のことが好きすぎて直視することが出来ず、顔を見せてと言われると非常に照れてしまいます。

だからうつむき加減だったり、長めの前髪で顔を隠すようにしている人が多いと言えます。

また目が合うと緊張して言葉を発することが出来ません。

だからその点を理解しモグラ系女子と距離を縮める為にはSNS、電話といったツールを使用し時間をかけて会話をすることで心を開いてくれます。

また自分の話しをするのも得意でないので質問されれば素直に気持ちを伝えてくれます。

2.正義感が強い

彼氏や大事な人は頑張って守るといった正義感が強いのがもぐら系女子です。

コミュニケーションは苦手だからこそ、一度心を開いた相手に対しては非常に一途で人間関係を大切にします。

狭く深い人間関係を好み普段は相手に対してさほど興味を示さないような反応をしていても本当に凹んでいる時には親身になってくれるし、困ったことがあれば彼氏でも必死で守ろうとします。

守ってもらうだけの立場をよしとしないのでツライ時に頼りになるのはもぐら系女子と言えるのではないでしょうか。

3.ひきこもり

もぐら系女子は基本的にコミュ障、ひきこもりの人が多いと言えます。

休日に活動する場合は夕方からといった感じですし人との交流はSNS、メールなどを好みます。

言葉で伝える事が苦手で別段ロマンチックでもないのに直接好きということが出来ないので「月がキレイですね」と言って伝わらないからイジケルといった行為をします。

さらにインドア派で人ゴミが苦手で、部屋でDVDを見る、ネットサーフィンをするといった家で自分の時間を楽しむといった傾向があるので、もぐら系女子と一緒に出かける場合は人が少ない隠れ家的なカフェ、公園に誘うといいでしょう。

またもぐら系女子は人の少ない穴場な店をよく知っているので仲良くなれば教えてくれます。

4.ネガティブ思考

もぐら系女子はネガティブ思想で彼氏が出来た場合でも何故自分に彼氏が出来たのか疑問に感じたり、相手に対して色々と申し訳なくてツライと思ってしまいます。

例えば寝る前に1日を振り返って凹み彼氏に会いたいと思うけど行動に移せず寝るといった思考回路をしています。

あまり自分から積極的に人に対してアクションを取ることが出来ずに受身な人が多いと言えます。

5.独占欲が強い

彼氏が性別問わず他の人と楽しそうにしていると嫉妬してしまいます。

もぐら系女子は一途で誰にも負けない程彼氏の事が大好きなんです。

だから独占欲は人一倍強いのですが言葉ではなく態度で表します。

「気にしてない」と口では言うけど寂しそうにしていたり、嫉妬で嫌な態度を取りたくないから彼氏を避けるといった行動をします。

話をするのが苦手で傷つくことを恐れるので、自分から気にしている事を言えずに相手の出方を伺っています。

なので彼氏なら言葉や態度で安心させてあげましょう。

6.シャイで繊細

好きな相手に対しては目が合うだけで赤くなるくらいシャイなのがもぐら系女子です。

気持ちを上手に伝えることが出来ずに恥ずかしくて無関心を装い逃げてしまう傾向があります。

また相手の言動で一喜一憂し人一倍考えてしまいます。

繊細で傷つきやすい性格ですがとても優しい人柄だと言えます。

その上純粋な部分があり少し褒められるとそれだけで真っ赤になって喜びます。

もぐら系女子は人と視線を合わせるのが苦手でネガティブ思想、ひきこもり傾向がありますが、正義感が強く非常に一途です。

さらに独占欲が強い人が多く、シャイで繊細な部分があります。