見栄を張る人の特徴3個

見栄を張る人の特徴3個

見栄を張る人というのは、人に対して自分をよく見せようとする行為をする人のことを指します。

それでは、見栄を張る人にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.常に仕事が順調な人

会社や店を経営している人で、いつ聞いても順調と答える人がいます。

「儲かってるよ」「何の問題もない」などと答える人は見栄を張っているのかもしれません。

仕事をしていく中で、全く問題がないことはありません。

売り上げが伸びる時もあれば、上がらない時もあります。

人を雇っていれば、人間関係の問題も生じます。

クレームなどのトラブルも発生するでしょう。

しかし、見栄を張る人は自分の経営能力は高いとよく見せたい気持ちが働きます。

そのため、マイナスな部分は決して話そうとはしません。

これは別に経営している人に限らず会社員でも同様です。

仕事はうまくいっている、会社の評価も高い、周りからも信頼が厚いと自らいう人は見栄をはっているのかもしれません。

会社での評価というのは周りがするもので、本人の自己評価とは違います。

しかし、自分はできる人間だと思われたいという気持ちが働きます。

実際はいつも叱られて、実績も上がらない、評価も低い場合も多くあります。

2.いつもおごってくれる

何人かで食事をしたときに「ここは俺がもつよ」とか気づかないうちに会計を済ませてくれる人がいます。

よく言えば気前のいい人ですが、お金はみんな大事です。

また自身の分だけ払っても何の問題もありません。

しかし見栄を張る人はお金をいっぱい持っている人、気前のいい人と周りから見られたいという気持ちが働きます。

そのため自分はお金には執着していないんだよというアピールからおごるという行為になります。

見栄を張る人はそのおごるという行為で十分に自己満足ができるのでそのような場面では遠慮なくおごってもらいましょう。

3.虚言癖がある

見栄を張る人は、自分をよく見せたいという思いからついつい物事を大きくいう特徴があります。

実家は会社を経営していて、大勢の従業員も雇っています。

自分にはとても美人の彼女がいます。

高級マンションに住んでいます。

など自分をよく見せたいという行為から、嘘をつきます。

しかし、全くありもしない嘘をつくほど悪人でもないので小さなことをとても大きくふくらますうそをつく特徴があります。

そのため、実家は確かに会社は経営しているが、実は家族経営で社長が父親、事務員が母親、

あと2~3人の従業員が雇っているとか、確かに彼女はいるけど美人とは程遠い容姿だったりとか、

マンションには住んでいるけど築50年の都心からはかけ離れた田舎のマンションだったりします。

このように嘘をついて人から何かを得ようとするのではなく、あくまでも自分をよく見せたいがために嘘をつく傾向があります。

 いかがでしたか。

このように見栄を張る人は自分はすごい人間なんだと周りに認めてもらいたい、

もっと自分に注目をしてもらいたい、周りからうらやましいと思ってもらいたいなどの欲望から見栄を張ります。

しかし、他人に対して害を及ぼすような嘘はあまりつきません。

もし近くに見栄を張る人がいるのであれば、その見栄に付き合ってあげても損はないかもしれません。

もしかしたら食事をおごってもらえたり、高価なプレゼントをもらうこともできるでしょう。

また見栄を張るい人もそのおごる行為や高価なプレゼントをあげることで自己満足を得ることができます。

ただ見栄を張る人は虚言癖もあるので、もし害を及ばすほどではない嘘ならば聞き流してあげましょう。

見栄を張る人はその些細な嘘を暴かれてしまうとプライドがズタズタになってしまって、

もう立ち直ることもできないほど落ち込んでしまうかもしれません。

見栄を張る人の特徴3個の関連記事