面子を保つ人の特徴3個

面子を保つ人の特徴3個

いつだって「この人に任せておけば安心だ」と思われるように、

面子を保つ事が出来る人の特徴についてご紹介します。

1.人からどの程度期待されているのか推し量る事が出来る

誰だって、全く他人から相手にされないよりはある程度自分の事を認めてもらい、

期待される方がプレッシャーは感じたとしても嬉しいものですよね。

人から頼まれごとをされたり、期待されたりしている時に、相手がどのくらい自分に対して期待しているのかということを、

きちんと推し量る事が出来る人というのは、自分の面子を保つ事が上手く出来る人であると言えるでしょう。

なぜならば、相手の期待値を低く見積もってしまうとどんなに自分が努力して成果を出したと思っていても、

相手の尺度で見れば全然満足とは言えない結果であるかもしれないからです。

その場合、意思の疎通がはかれない相手だというレッテルを貼られてしまい、その後の関係にも影響がでてきてしまいます。

必要以上に期待しない方が良いのかも知れない、と相手に思わせてしまったら、

その段階で自分の評価は下がってしまいますので相手の期待の大きさを性格に推し量る事は大切なことと言えるでしょう。

2.努力しているところを他の人に見せない

ダラダラと怠けて日々を過ごしている人よりも、毎日一生懸命に努力している人の方が好感が持てますよね。

面子を保つ事が出来る人というのは周りの人から寄せられた自分への期待に対して、

精一杯応える為の努力を怠らない人だという事が出来るでしょう。

なぜならば、相手に対して真摯に向き合う為に努力を続ける事は、そう簡単な事ではないからです。

その一方で、努力しているところ全てを相手に見せてしまうと場合によっては相手に余計な気を遣わせてしまう事があります。

そうなってしまうと相手にも負担がかかってしまいますから、面子を保つという意味でいえばマイナスな要素になってしまうでしょう。

努力しているところを他人に見せる事無く、ひけらかす事無く継続する事はなかなか地味ですが大切な事であり、難しい事でもあります。

それが自然と出来る人というのは、自分の面子をしっかりと保つ事が出来る人であると言えるでしょう。

3.プライドが高く負けず嫌い

「他の人より少しでも自分を良く見てもらいたい」だとか「誰よりも自分が一番でいたい」と常に思っているような、

プライドも競争心も高い人というのは自分の面子を保つ為ならばあらゆる努力を惜しみません。

そのような人は相手にとってどれだけ期待以上の成果を出せるかという事はもちろんですが、

それ以上に自分がどれだけすごい結果を残せるのかという事に重きを置いて働きますから、

良い意味で日々過去に自分と比べてもより良い成長をする事が出来る人であると言えるでしょう。

競争相手がいる場合には特に張り切る傾向にあり、勝負事には絶対の自信を持って取り組みます。

その為には血のにじむような努力も怠らず、自分の限界まで挑戦します。

ここぞという時に自分が持っている力以上の成果を発揮する事も多く、

そういった事がある度にその都度自分の面子をしっかりと保つ事が出来る人だと言えるでしょう。

自分のためにも他人の為にもなる

面子を保てるように努力したり、練習したりする事は、

期待をかけてくれている相手にとっても自分にとってもプラスの結果を生み出します。

人の能力というのは成果の大きさによって判断される事が多いですが、

その結果に至るまでの過程で成長する事が出来ますし、成果を出す事で達成感や満足感を得る事が出来ます。

毎回自分の面子をしっかりと保つ事が出来る人というのは周囲からの評価もその都度上がっていきますから、

そういった意味でも、全てがプラスに働く行動が出来る人だと言えますね。

面子を保つ人の特徴3個の関連記事