車の運転が上手い男性に、女性は好印象を受けることもあるのではないでしょうか。

そんな運転が上手い男性には、いくつか特徴が見られます。

運転が上手いということだけではなく、

隠されているその人の性格や思考にも気付けるかもしれません。

1.先のことまで読むができる

車の運転が上手い人は、先のことをきちんと読んでいることが多く、

自分が事前にどう行動すべきかを把握していることが多いです。

目の前にあることだけを考えてしまう人は、右折時に右折専用道路に入っていないことで通り過ぎてしまったり、

確認すべきことが多くなりよそ見をして急ブレーキをかけたりと、運転が安定しないことが多いです。

先のことを読める人だと、頭の中で予めシミュレーションするため、どこらへんの道路で右折道路に入っておけばいいか、

確認すべき店の名前など、把握していることが多いのです。

これによって運転はスムーズになり、上手な運転ができているのです。

生活においても同様で、困難が起きる前に対処しておいたり、用意周到だったりと、予め先のことを読んでいるタイプが多いです。

2.余裕を持っている

余裕を持つことは運転をする上で結構重要なポイントです。

例えば目的場所まで余裕を持って早めに出発する、前の車との車間距離に余裕を持たせる、全体を見渡す余裕ある目配り。

運転をする上では、この余裕がないと上手に運転ができません。

ギリギリに出発することによって、焦ってしまい前の車との車間距離が狭く、急ブレーキが多くなったり、

スピードを急に出したりと、忙しない運転が続いてしまい、とても運転が上手いとは言えないものです。

なんでもゆとりを持ち、気持ちにも余裕を持つことで、運転にも差が出てくるのです。

3.感情的にならない

運転中、割り込みをされたからといってキレだしてしまったり、猛スピードで追いかけてしまっては、

一緒に乗っている人は恐怖すら感じてしまいますよね。

運転には性格が出るとよく言われるように、感情的になったり誰かを追い込んだりと、性格が表に出てしまうことがあります。

もちろん感情的になれば運転は雑になり、意識も集中できなくなり、事故を起こしやすくしてしまいます。

運転上手な人は、感情的にならずどちらかといえばおっとりしたタイプの方が安全に運転します。

意味もなく煽ったり、クラクションを鳴らす行動をする人は、感情的になりやすい人であるとも言えるでしょう。

4.周りに気遣いができる

車に同乗者がいる場合、周りに気を遣える人ほど運転が上手に感じるでしょう。

例えば急発進急ブレーキをかけることで、乗っている人が飲み物を飲んでいれば、

吹き出してしまったり服にこぼす可能性があります。

周りに気を配り、その人の立場になって考えることができる人であれば、

運転中にこのような事態にはならないでしょう。

何か飲んでいるなと察知すれば、ブレーキをかける時もゆっくりと、

車体自体が揺れないように配慮することや、

他にも誰かが電話をし始めたらナビの音量をさりげなく下げるなどの行為も気遣いのうちです。

こうした気遣いができる人は、乗っている人の配慮だけではなく、

運転している他の車への配慮も怠らず、周りに迷惑をかけることなく上手な運転ができるもの。

自分以上に周りのことを大切に思える人は、運転も上手に感じることでしょう。

通勤や通学で、車を日頃運転している人は、慣れによって運転が上手に感じるかもしれません。

しかし運転する上で、性格的に向いている人と向いていない人がいることは確かです。

どんな性格の持ち主だと運転が上手にできるのか知ることで、逆に運転が上手い人の性格自体を知ることができるものです。