ヤキモチを妬く彼氏の心理的特徴5個

ヤキモチを妬く彼氏の心理的特徴5個

好きな相手からヤキモチを焼かれるのは、自分が愛されていることのあらわれなので嬉しいですよね。

ですが、度が過ぎるヤキモチは、束縛が息苦しくて疲れてしまうこともあります。

ヤキモチを妬く彼氏にはどのような心理的特徴があるのでしょうか。

1.自分に自信がない

ヤキモチを妬く男性は、自分の容姿や性格に自信がない人が多いです。

自分よりもいい男に奪われてしまうのではないかと疑心暗鬼になってしまうのでしょう。

自分に自信がないのは、子供の頃にコンプレックスで悩んだ経験があったり、

もともとネガティブな性格だったりするからです。

自分が抱えているコンプレックスというものは、案外、人にとってはたいしたことのない事が多いです。

彼氏がヤキモチ妬きで困るようなら、彼氏を褒めてあげたり、

愛情を言葉で伝えてあげてどんどん自信をつけさせて安心させてあげましょう。

2.神経質な性格

ヤキモチ焼きの男性は、恋愛以外のあらゆる面でも神経質な傾向にあります。

大らかで細かい事をいちいち気にしない男性は、彼女の言動や行動に対しても大らかに構えているでしょう。

ヤキモチ妬きで神経質な彼氏の場合、彼女が今何をしているのか頻繁に電話を掛けてきて確認したりします。

女性によっては、束縛が強くてマメに連絡してくる男性が好きな人もいてますが、束縛を苦手とする女性もいてます。

束縛されるのが苦手な女性の場合は、

度が過ぎるヤキモチを妬かれると恋愛が冷めてしまうこともあるでしょう。

3.独占欲が強い

独占欲が強いあまりに、彼女の気持ちも時間も全てを支配したくなる場合もあります。

彼女が自分を最優先にしていなければ気が済まず、執着心が人一倍強いタイプです。

人は誰もが誰かを好きになると、その人の全てを自分のものにしたいという独占欲が芽生えるものです。

ですが、独占したい願望は、理性でコントロールするものです。

彼女以外の友人との付き合いや趣味、勉強などの大切な時間も必要です。

独占欲が強い彼氏は、自分の気持ちばかり一方的に押し付けていると言えるでしょう。

4.ネガティブで心配性

どうしてヤキモチを妬くのかというと、相手が自分の事を嫌いになったり、

他の男性を好きになってしまうのではないかと不安だからです。

ヤキモチ妬きの男性は、常に悪い事が起こるというイメージを抱いているネガティブ思考の場合が多いのです。

プラス思考の人や楽天的な人は、わざわざ悪い状況が起こった場合の想像をしたりしません。

他の男性と話しをしたとか、友達や仕事を優先させたなどといって嫉妬する彼氏は、

ささいな事が心配で仕方がないのです。

5.プライドが高い

ヤキモチ妬きの男性は、プライドが高い場合もあります。

プライドが高いので、彼女のささいな裏切り行為を許す事ができずに常に目を光らせているのです。

男性はけっこうプライドが高い人が多いものです。

女性よりも恋愛において優位な立場に立ちたいと願っている人も多いでしょう。

自分が好きだと思っている以上に、相手が自分の事を好きになっていて欲しいのです。

他の男性と話しているだけでヤキモチを妬く男性は、

自分以外の男性と楽しそうに話しているのを見るだけでプライドが傷ついてしまいます。

ヤキモチを妬く彼氏は、自分に自信が無かったり、神経質で細かい性格だったり、

独占欲が強かったり、ネガティブで心配症な性格だったりします。

また、他の男性と楽しそうにしゃべるのはプライドが許さないという男性もいます。

ヤキモチを妬かれるということは、彼氏に愛されているという証でもあります。

ヤキモチをほとんど妬かない男性もいてますが、それはそれで寂しい場合もあります。

彼氏のヤキモチが耐えられない場合は、彼氏と話し合うか、付き合いを解消するか判断する必要が出てくるでしょう。

ヤキモチを妬く彼氏の心理的特徴5個の関連記事