抜け感ある人の特徴3個

抜け感ある人の特徴3個

きちんとした雰囲気は保ちつつ、

全体的にはラフな印象を受ける「抜け感ある人」の特徴についてご紹介します。

1.手を抜くところをわきまえている

ファッション業界で主に使われる「抜け感」という言葉。

抜け感のある人というのは全体的な印象としてはラフな印象を受けるものの、

だらしなくは見えないきちんとした上品さを感じるといった特徴があります。

100%完璧ではなくちょっとした隙のある人のことで、話しかけ易い雰囲気をかもし出しているのも特徴的です。

初対面の相手であっても相手にプレッシャーを与えるような雰囲気を感じさせません。

人と人との付き合いにおいても礼儀を重んじた対応を取りますが、

手を抜くところをわきまえていますので相手のプライベートに関する事や、

触れられたくない部分にまで興味本位で首を突っ込んだりはしません。

そんなところが相手に安心感を感じさせて、一緒にいて心地良い相手だと感じられる事も多いでしょう。

また、仕事においても自分ひとりだけで成果をあげるのではなくグループでの成功を願うタイプです。

周りの人とも上手くコミュニケーションを取りながら、

無理の無い範囲で結果を出す事が得意な人でもあるでしょう。

2.勉強熱心なおしゃれ上級者

おしゃれをする事が好きな人ならば日常的に雑誌やネットの情報サイトなどで、

流行のファッションやアイテムなどをチェックしている事でしょう。

ファッション業界でよく使われる「抜け感」ですが、主に女性のファッションにおいて使われる言葉です。

おしゃれが好きで勉強熱心な女性であれば、この抜け感を意識して全体のコーディネートをしていますね。

女らしさを感じられる肌のチラ見せによって感じることの出来る抜け感ですが、

単に露出すれば良いというものではありません。

ポイントとしては首、手首、足首をチラリと見せることで抜け感を表現する事が出来ます。

勉強熱心なおしゃれ上級者であれば、

そのポイントを抑えて女らしさを感じさせるスタイルで過ごしている事が多いでしょう。

トレンドに敏感で常に新しいものを求める傾向にありますので、

フットワークも軽く行動的なタイプの人と言えるでしょう。

3.コミュニケーション能力が高く人脈が厚い

細かいところまでよく気が付くけれど、それを鼻にかけることなく自然に振舞える人の周りには、

いつも沢山の人が集まってきます。

その人の人となりが好きで、一緒にいたいと思える人ですから、

損得勘定無く心地良さにつられてついつい一緒に過ごしたくなります。

そのように相手に気を遣わせない心配りが出来る、どこか抜け感を感じる人というのは、

コミュニケーション能力が高く人脈の厚い人であると言えます。

無理をして人付き合いをしているわけではありませんので、

そういった人たちとの関係は長く続く事が多く、その友達や知人を通じて新たな出会いを得る機会も多いでしょう。

抜け感のある人は人に嫌味を感じさせませんので周りの人も自然と性格の良い人たちが集まります。

そういった「人の良さ」に目をつけられて、時には騙されたり利用されたりする事もありますが、

助けてくれる人も多くいますので大きな被害をこうむったりすることは少ないです。

また、そういったトラブルをきっかけに一段と友人たちとの絆を深める結果にも恵まれるでしょう。

抜け感を演出するのは難しい

外見的に感じられる抜け感と言うのはファッションを工夫する事で演出する事が出来ますが、

人として、性格的に雰囲気的に抜け感を出そうとするのはなかなか難しい事です。

何でもきっちり隙無くやりたいタイプの人が抜け感のある人を目指すのは少々難しく、

日頃からの考え方や物事への取り組み方によってかもし出される雰囲気によって周りが感じるものですから、

そういった意味では自分自身に隙を作ったり、甘えを許す事が抜け感を作るための第1歩と言えるでしょう。

抜け感ある人の特徴3個の関連記事