ついつい小さなミスを連発してしまううっかり屋さんは、

自分でも気づかないうちに周りの人に迷惑をかけてしまいますが、

どこか憎めないキャラクターの人でもあります。

では、うっかり屋さんには具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

今回はうっかり屋さんな性格な人の特徴をご紹介します。

1.1つのことに集中できない

うっかり屋さんは、1つのことに集中することが苦手です。

そのため、目の前に屋rべきことがあっても、ついつい他のことに目が行ってしまうという特徴があります。

たとえ、急ぎで仕上げなければならない仕事があったとしても、100%その仕事だけに集中するということができません。

1つのことに集中することを要求されると、彼らは息が詰まってしまい、

大きなストレスを感じてしまうようになるからです。

その結果、次々に色々なことに目を向け、心のバランスを保とうとしますが、

これが肝心なことを見逃してしまう原因となり、うっかりミスを繰り返してしまうようになります。

しかし本人は、なぜミスをするのかという原因がわかっていないというケースがほとんどです。

2.人に迷惑をかけても、本人には全く悪気はない

自分がミスを連発して人に迷惑をかけても、

本人には全く悪気がないというのが、うっかり屋さんの大きな特徴です。

そのため、どこか愛嬌があり、憎めないキャラクターであるとも言えるでしょう。

彼らは、人を困らせようとしてミスをしているわけでは決してないので、

言い換えれば「お人好しタイプ」であると言えます。

そのため、周りの人は、苦笑いをしながらも、ついつい彼らのうっかりミスを許してしまうことが多くなります。

ただ、そのような周りの人の優しさに甘え、何度もミスを繰り返して平気な顔をしてしまうというケースもあります。

この段階まで行ってしまうと、彼らにいくら悪気がなくても、周りの人から嫌われてしまう結果になります。

3.自分の非は素直に認めて謝るが、謝罪が口だけの場合も多い

うっかり屋さんは、どちらかと言うとお人好しタイプなので、人に対してとても素直です。

そのため、自分のうっかりミスが原因で人を困らせてしまったということが分かった時は、

すぐに自分の非を認め、素直に謝罪します。

このような態度が、「憎めないキャラクター」と言われる理由の1つでもあります。

しかし、素直に謝罪をするものの、彼らの性格がすぐに改善されるわけではありません。

うっかり屋さんは、「自分のミスを認めて謝罪した」ということすらも忘れてしまうことがあるので、

舌の根の乾かぬ内に、また同じミスを繰り替えることも少なくありません。

そのため、結果的に、「謝罪が口だけになってしまい、何も改善されていない」と白い目で見られてしまうようになることも多くなります。

4.せっかちで、自分の思い込みのまま突っ走ってしまうケースが多い

うっかり屋さんは、どちらかというとせっかちである傾向があります。

いつも心が急いている状態なので、落ち着いて物事を考えるという余裕がありません。

この余裕のなさが、ミスの連発を招く原因です。

彼らは、自分の思い込みのまま突っ走てしまう傾向もあります。

「これは絶対にこういうものであるに違いない」と思ったら、その思い込みを変えることができません。

そのため、人に確認することなく自己判断で勝手に突き進んでしまい、思わぬミスを連発してしまうようになります。

うっかり屋さんは、1つのことに100%の集中力を傾けるのが苦手である上に、

心がいつもせかせかと落ち着かない状態にあることが多いということが特徴です。

そのため、「落ち着いて腰を据える」ということができず、ついついミスばかりを繰り返してしまう結果になります。

しかし、本人に悪気はなく、自分のミスを指摘されたらすぐに認めて謝罪するという素直さがあるため、

なぜか人に嫌われることがないという特徴も持っています。

言ってみれば、「得な性分」であると言えるでしょう。