細かい人の厳しい特徴4個

細かい人の厳しい特徴4個

通常であれば気にしないようなことでもついつい気にしてしまう細かい人は、

何から何まで完璧でないと気が済まず、時には周りの人にストレスを与えてしまうこともあります。

そんな細かい人の具体的な特徴についてご紹介します。

1.自分が出すお金は少しでも少なくするように計算している

細かい人は、出費に関して非常に敏感です。

「できれば自分が負担するお金は、1円でも2円でも少なくしたい」という思いが強いため、

できる限り安いお店や安い品物を選ぶようにしています。

毎日の生活の中での出費はもちろん、人におごってあげる時やプレゼントをあげる時なども、

少しでも安く済ませようと必死で計算します。

そのため、割引チケットやポイントカードなども有効活用します。

これが功をなすため、日常生活ではあまりお金に困ることはありません。

しかし、交友関係や恋愛などにおいては、これがマイナスになってしまうこともあります。

「お金に関して計算高い」というイメージを付けられてしまい、好感度を下げてしまいます。

2.仕事においては、細部までミスがない

細かい人は、仕事においてはミスがほとんどないということが多い傾向があります。

彼らは、他の人が気づかない細部にまで目を行き届かせることができるため、

ついつい見逃してしまいがちな箇所も完璧に仕上げます。

そのため、「仕事ができる人」という評価を得やすいというのも特徴です。

細かい人は基本的に真面目なので、自分が請け負った仕事は、

最後まで完璧にやりこなさないと気が済みません。

その性格が仕事に表れているので、周りの人は、

「この人に任せておけば完璧に仕上げてくれるだろう」と期待します。

但し、その完璧さを人にも要求することがあるので、

そのことが原因で人間関係のトラブルになるということもあります。

3.記憶力が優れている

細かい人は、びっくりするほど記憶力が優れているというのも特徴の1つです。

他の人が忘れてしまうような昔のことや、些細なことでも記憶することができるので、周りの人を驚かせます。

特に、人の名前や数字に関することなどは、とてもよく記憶しているので、いざという時にとても助かります。

但し、自分の中の悪い思い出に関しても、長く記憶してしまう傾向があるので、それによって苦しんでしまうこともあります。

悪い思い出を引きずってしまうあまり、人との会話の中に昔の嫌な話を持ち出して、

相手の気分を害してしまうということも少なくありません。

4.整理整頓や掃除が得意

細かい人は、雑然とした環境にいるとストレスが溜まってしまう傾向があるので、常に身の回りをキレイにしています。

これを日常的に行っているため、掃除や整理整頓がとても上手です。

そのため、物をなくしたり、「どこに何があるかわからなくなった」というようなことはありません。

部屋や机の周りはいつもすっきりした状態に保たれています。

特に掃除に関しては非常に徹底するところがあり、
他の人が見逃してしまいがちな部屋の隅などにも気を配り、しっかり掃除します。

細かい人は、人の目に触れない箇所あっても、常にキレイにしていたいと考えているのです。

掃除中でなくとも、ゴミや髪の毛が落ちたらその場ですぐに拾い、

散らかしたままにしておくということは一切ありません。

いかがでしたか。

細かい人は、常に身の回りが整然としており、受けた仕事は最後まで完璧にこなします。

約束事なども忘れないため、信頼できる人であると言えます。

しかし、これが行き過ぎると、自分が苦しむことになったり、他の人にストレスを与えてしまうこともあります。

なので、自分の細かさが原因で彼らが苦しみ出してしまったら、周りに影響を与える前に、

「肩の力を抜こう」と身近な人が温かく声をかけてあげることも必要です。

細かい人の厳しい特徴4個の関連記事