名古屋走りをする人の特徴4個

名古屋走りをする人の特徴4個

名古屋走りとは、マナーをわきまえない危険な運転のことを指します。

今、この名古屋走りを平気で行う人が多く、周囲の人たちは「いつか大事故を起こすのでは」と不安を感じています。

では、名古屋走りをする人とはどのような人なのでしょうか。

その具体的な特徴をご紹介します。

1.「自分だけは事故を起こすわけがない」と自分を過信している

名古屋走りをする人は、周囲の人から「このような走り方をしていると、

事故を起こすから気をつけた方が良い」と忠告されても、一切聞く耳を持ちません。

彼らは、「自分だけは事故を起こすことなど絶対にない」と自分を過信しています。

たとえ、TVや新聞などで名古屋走りが原因の交通事故のニュースを見たとしても、

「自分だけは大丈夫」と思い込んでいるのです。

そのため、周囲からどんなに注意や忠告を受けても、運転のし方が全く変わりません。

自分を過信したまま、気にせずに名古屋走りを続けてしまいます。

このタイプの人は、1度本当に事故に巻き込まれてつらい思いをしないと、自分の過ちに気づかないでしょう。

2.車の運転に限らず、日頃から他人の迷惑を顧みない傾向がある

名古屋走りをする人は、世の中におけるマナーの大切さを心得ていないという特徴があります。

日頃から自己中心的に過ごし、他人の迷惑を一切顧みないのです。

そのため、車の運転においても、その気質が顕著に表れ、平気で名古屋走りをしてしまいます。

彼らは、自分が名古屋走りをすることによって人が迷惑をこうむっても、全く罪悪感がありません。

それどころか、名古屋走りについて責められたりすると、逆ギレしてしまうことすらあります。

彼らは、常に自分の都合だけを中心にして物事を考えながら生きているので、

「マナーなどどうでも良い」と思っている傾向があります。

そのため、「名古屋走りはマナー違反だ」と言われても、「自分には関係ない」という態度を貫き、

自分の運転のし方を頑なに変えようとはしません。

3.その時の気分に振り回されやすい傾向がある

名古屋走りをする人は、自分を律することが苦手で、その時の気分に流されやすい傾向があるということが大きな特徴です。

運転中、「このくらい、まあいいか」という気分になってしまうと、平気でマナーやルールを無視し、名古屋走りをしてしまいます。

大人であれば、世の中にはマナーやルールがあり、それを守るのが当然だという意識が芽生えるものです。

そして、マナーやルールを守ることが嫌だと感じても、

冷静に自分を律し、周囲に迷惑をかけないように振る舞うのが大人です。

しかし、名古屋走りをする人にはその意識が欠けているため、

その場の気分にフラフラと流されてしまい、平気で名古屋走りを繰り返します。

4.世の中のルールや法律の厳しさを認識していない

ルール違反の運転をして事故を起こした場合、当然、その社会的責任を取らなくてはならなくなります。

それだけ、世の中のルールや法律は絶対的なものです。

しかし、平気で名古屋走りをする人は、世の中を甘く見ている傾向があります。

世の中のルールや法律の厳しさを認識しておらず、

「違反をしたとしても、話せば許してもらえるだろう」という甘い考えを抱いているのです。

そのため、本来は交通ルールに違反するはずの名古屋走りをしても、「自分が悪いことをしている」とは思っていません。

その認識の甘さが、名古屋走りを繰り返す原因となっているのです。

名古屋走りを平気でする人は、普段から自己中心的に生きており、

他人の迷惑を一切顧みないということが大きな特徴です。

そして、世の中のルールや法律を軽く見ているため、

「名古屋走りによって事故を起こし、その責任を取らされる」ということの重さを理解していません。

更に、その場の気分にも流されやすいため、自分を律して安全運転をしようという意識もありません。

このような特徴からわかるように、名古屋走りをする人は、

「大人になり切れていない、未熟な社会人」であると言えるでしょう。

名古屋走りをする人の特徴4個の関連記事