告白する方法4個

告白する方法4個

片思いの相手に告白しようと決めた時、どんなふうにしようかと迷いますよね。

告白するにしても様々な告白があります。

ここでは様々な告白の仕方についてご紹介します。

1.少し怖いけれど直接会って告白

好きな人に告白しようかと迷っている時「告白するぞ」と決める決定的なものとは何でしょうか。

例えば学生であれば卒業したら会えなくなるとか、引越しで遠く離れてしまうとか物理的な理由も関係するかと思います。

一方で、ずっと近くにいることが出来る間柄であっても気持ちの問題で、

好きという感情が抑えられなくなってしまった時には「これ以上自分の中で抑えられない」と告白に踏み切るでしょう。

そんなふうに覚悟を決めたなら、相手の反応云々よりも自分自身で納得がいく告白をしたいものですよね。

もちろん、告白が成功したならそれはとても嬉しい事で、

その先に幸せな毎日が待っているかと思うとウキウキしてしまいますが、

結果はどうであれ、自分の気持ちを相手に伝える事が出来るかどうかは大きな1歩です。

そして相手の反応をきっちりと判断する事が出来、自分の気持ちが1番納得出来る告白方法というのが、

「直接会って告白する」という方法です。

最もオーソドックスであり、難易度も高い方法と言えますが自分の気持ちや、

相手の気持ちを1番受け止める事が出来る方法であると言って良いでしょう。

どんな結果になろうとも、その後の経験に必ず生かすことが出来る方法と言えるでしょう。

2.対面が無理なら電話で告白

直接会って告白するのはどうしても怖い、そんな事出来るわけ無いという人には電話で告白するのがオススメです。

直接会うのと比べるとハードルは下がりますが、相手の声を直接聞くという事で緊張感はありますね。

告白するに当たっては相手の状況が見えない分気を遣うところもありますが言葉の間だったり呼吸をするタイミング、

雰囲気などをしっかりと感じ取る事が出来ますので自分の中でも納得する事が出来る告白方法と言えるでしょう。

電話の場合、必ず告白相手に話が出来るタイミングかどうかを確認する必要があります。

もしも「今はちょっと忙しくて」なんて言われてしまったら覚悟を決めた分焦りが大きくなってしまうかと思いますが、

その場合は都合の良い日時を聞いておくか、別の方法を提案する事が大切です。

今の瞬間が無理であればまた掛け直して良いものか、それが都合が悪いと言うのであれば直接会う事が出来るか、

どんなタイミングで時間を割いてもらえるかといった事を聞く事が出来ればベストです。

電話口でテンパッてしまって「あ、ごめんね、じゃあ切るね」とすぐに切ってしまっては、

せっかく出した勇気がもったいないというものです。

3.LINEやメールで気軽に告白

今の時代、一度も顔を会わせたことのない相手であってもネット上の彼氏だったり、

彼女だったりという役割を演じる事が出来ますよね。

中にはネット上で結婚相手を見つけ、結婚生活まで疑似体験しているというカップルもいます。

そういったネットでのつながりが違和感なく受け入れられて来ている今、

LINEやメール等で気軽に告白をするというのも相手に変に気を遣わせなくて良い方法と言えますね。

このような告白方法のメリットとしては告白する文章をじっくりと考えて伝える事が出来るという事です。

直接だったり、電話を使って告白する場合に比べても、冷静に自分の気持ちを相手に伝える事ができます。

そして普段からネットを使ったやり取りをしている相手であれば、

告白の返事も比較的早く貰える可能性があるといったメリットもありますね。

4.あえて手紙という選択肢もあり

現代人は昔と比べ、文字を書く機会が極端に減ってきていると言われていますよね。

携帯電話で文字変換が出来るようになってからというもの、

簡単な漢字もすんなりと思い出す事ができないという人も増えてきているのではないでしょうか。

そんな中、あえて手紙という手段を使って告白をするのも効果的ですよ。

デジタルの活字にはない手書きならではの味わいがありますし、

手紙を受け取った相手の気持ちとしても、封を開けて読むまでの時間というのはかなりのドキドキ感を得る事が出来るでしょう。

色々な人から告白をされた事があるというような、異性にモテるタイプの人であれば、

人とは違う手紙という告白方法に新鮮味を覚えるかもしれませんね。

手紙のデメリットとしては送った手紙がそのまま相手のもとに残ってしまうという事が挙げられますが、

それも時間が経てばとても良い思い出として思い出される事でしょう。

告白はどんな方法でも構わない

自分の気持ちを伝えるためにどんな方法を選ぼうと、

自分の気持ちを正直に残さず伝える事が出来たのなら、

それはどんなに自己満足であっても告白としては良い告白だったと言えるでしょう。

相手の答えが自分の望むものではなかったとしても、その先の自分の将来に必ずその告白は活きてきます。

告白するかをウジウジ悩んでしないよりも、後々自分が後悔しないように、

気持ちに正直に一歩踏み出してみると強くなれると言うものですよ。

告白する方法4個の関連記事