会話が面白くなりたい、うまく話したい、このように考えている人も多いことでしょう。

しかし、そんな簡単なことではなく、面白い会話をするということは非常に難しいものです。

では、会話が面白い人は、どのような特徴を持っているのでしょうか。

今回は、会話が面白い人の特徴をご紹介していきます。

1.場の空気を察するのが上手い

会話が面白い人の特徴として、場の空気を察するのが上手い場合が多くあります。

会話は言葉のセンスももちろんですが、場の空気やテンションにも大きく左右されます。

みんなが盛り上がっているところに静かな人は敬遠されやすく、

一緒に盛り上がることができている人のほうが、面白い人にみえるでしょう。

会話が面白い人は、場の空気に合わせたテンションで会話を行うことができます。

静かな人が多いのであれば、静かなテンションで、場が盛り上がっているのであれば、テンションを高くすることができます。

このように、場の空気に上手に合わせる事ができるので、場の空気を乱さず、自然に溶け込むことができます。

話の面白さには言葉のチョイスも重要ですが、場の空気に合わせることも非常に大切です。

2.たくさんの言葉を知っている

会話が面白い人は、語彙力が非常に豊富です。

他の人では使わないような言葉を使い、様々な言葉を使って場を盛り上げることができます。

お笑い芸人のようにネタをすることも面白いといえますが、ブラックジョークやウイットに富んだ会話なども面白さだといえるでしょう。

このような会話をするためには、語彙力が必要になります。

また、相手の言葉に上手に返答するためには、やはり様々な言葉を知っている必要があります。

その場に応じて、相手の言葉に応じて、適切な会話をしなければなりません。

いつも同じリアクションだったり、返答をしていては、面白い人だとはいえないでしょう。

このように、会話が面白い人は、様々な言葉を知っています。

その言葉を巧みに操ることによって、面白い会話ができているのです。

3.話がわかりやすい

会話がおもしろ人は、話が非常にわかりやすい人です。

面白さを簡潔に伝えることができるので、話を聞いている側も笑うポイントを掴むことができます。

話がわかりにくい人、伝わりにく人が話していると、どうしても話の全体像をつかむことができません。

内容が理解できないと、面白いと思うこともできないでしょう。

そのため、話を簡潔にまとめ、相手に伝える能力が必要です。

4.着眼点が良い

会話がおもしろい人は、独特の着眼点を持っています。

誰もが思いつくことではなく、考えもしなかったことを話してくれるので、面白いと感じることができます。

面白さには様々な観点がありますが、同じ話を何度も聞くと退屈になってしまうでしょう。

このように、人は想像できるものは面白いと感じることができずに、想像したことがないものを面白いと感じているのです。

そのため、着眼点が独特な人は、考え方が新しいので、自然に会話の内容が面白い内容になっているのです。

会話が面白い人になることは難しいことですが、まずは楽しく話すことを意識しましょう。

自分が楽しくなければ、他の人達も楽しむことができません。

また、笑顔も非常に大切であり、笑っている人をみると、釣られて笑顔になることでしょう。

このように、会話が面白い人は、会話以外のポイントも大切にしています。

そして、会話自体を意識するのではあれば、人とは違った話をすることが大切です。

面白さの中には、新しさや斬新さなどの要素も含まれてきます。

会話が面白い人は知識を多くもっているので、新しい知識を話すことができます。

会話が面白い人になるために、色々なポイントを意識してみてくださいね。