腰が低い人といえば、いつも謝っている、弱気で自己主張できない、

そのようなイメージがあるのではないでしょうか。

もちろん、そのような人も多くいますが、中には意図的に腰を低くしている人達もいるのです。

今回は、そんな「腰が低い人の特徴」をご紹介していきます。

1.いつも謝っている

腰が低い人は、いつも謝っています。

とにかく「すみません」が口癖であり、時には自分が悪いくなくても謝っていることでしょう。

このようなタイプは、相手を怒らせたくない、怒られたくないと思っています。

そのため、自分から下手に出ることによって、相手から怒られないようにしています。

どうしてこのように謝っているのかといえば、謝ることで最悪の事態を回避することができるからです。

たとえ自分が悪くなくても、とりあえず謝っておくことで事態は好転します。

そのような状況を繰り返していると、自然に謝ることが口癖に、癖になってしまうといえるでしょう。

腰が低い人は、謝ることが多いといえます。

謝ることが癖になっていると、自分が悪くなくても、何も考えずに謝ってしまうことでしょう。

2.自信がない

腰が低い人は、自信がありません。

そのため、自分が正しいと思っておらず、すぐに謝ったりしてしまいます。

また、自信がないので自己主張ができず、謝ることしかできないともいえるでしょう。

例え自分に考えがあったとしても、その考えを相手に伝えることができません。

更に、頼まれたことが断れないなど、腰が低い人には意思の弱さを感じさせることもあるでしょう。

このように、腰が低い人には自信がありません。

自信がないために受け身になってしまい、謝ったり、自己主張ができなかったりします。

このような積み重ねの結果として、腰を低くしていきていくしかできなくなってしまいます。

3.コミュニケーションが上手い

腰が低い人の中には、コミュニケーションが非常に上手い人もいます。

腰が低いという状況をうまく利用して、コミュニケーションを取っているのです。

特に、ビジネス場面などでは有効で、腰が低い人はビジネスで成功しやすいといえます。

相手主導でありながら、大事なところはしっかりと抑えているためです。

腰が低いという特徴は、相手を怒らせにくいといえます。

もし、相手の怒りに対して反発してしまうとケンカになり、ビジネスであれば破談という事態になりかねません。

しかし、意図的に腰が低い人は、腰を低くすることで、相手の怒りを収めています。

そうして、会話を穏便に進めているのです。

このように、腰が低い人の中には、コミュニケーションが上手い人もいます。

腰が低いという特徴をうまく活かし、自分に有利な状況を作り出しています。

4.頭がいい

腰が低い人の中には、頭がいい人も多くいます。

これは、腰が低い方が相手に喜ばれることを知っているためです。

例えば、傲慢な人や威張り散らす人は嫌われることでしょう。

相手に良い印象を与えないといえます。

一方、腰が低い人は、相手に悪い印象を与えることはあまりありません。

自己主張しない人だな、くらいに受け止められるでしょう。

このように、腰が低いという理由で嫌われることはなく、時には謙虚な人として受け止められることもあります。

腰が低い人の中には頭がいい人もおり、そのような特徴を上手に使って、人間関係を構築しています。

腰が低い人には、癖になっている人、意図的な人の2通りがあります。

そのため、腰が低いからといって、だめな人ではないのです。

腰が低いことは悪いことなのではなく、いつもいつも謝っているからよくないと思われてしまいます。

必要な場面では腰を低くしておくことにより、円滑なコミュニケーションを取れることも多くあるでしょう。