あからさまにアピールしているわけでもないのに、どことなく女性らしい色気がふんわり漂っている人は、いつの時代でも男性からの人気を集めます。

そんな色気のある女性の具体的な特徴についてご紹介します。

1.仕草が美しい

色っぽい女性は、仕草1つ1つが洗練されていてとても美しいという特徴があります。

例えば、目の前にある物を手に取る仕草1つ取っても、「その物を慈しむように大切に扱いながら手に取る」といったような仕草をします。

決して「物を片手でガッと掴み取る」といったようなことはしません。

例えば、歩く時にも彼女たちの色気が滲み出ます。

大股でガツガツと早足で歩くのではなく、ピシッと姿勢を正し、余裕ある足取りで静かに歩きます。

このように、色っぽい女性の仕草には、余裕ある優しさが感じられます。

強い攻撃性は一切感じられません。

そのようなふんわりした雰囲気に、多くの人が惹かれていくのです。

2.自分の外見を常に磨いている

色っぽい女性は、外見を磨くことの大切さをきちんと知っています。

なので、外見を磨くことに対しては、いつも手を抜きません。

彼女たちは、「女性であること」を存分に楽しんでいるからです。

しかし、「派手に着飾ったりメイクしたりする」ということはしません。

色っぽい女性には、確かにある種の華やかさがあります。

でも、これ見よがしに派手にすることはしないのです。

派手な装いで自分を飾り過ぎてしまうと、自分が元々持っている色気も塗りつぶしてしまうということを知っているからです。

清潔感と清楚な華やかさを失わない外見をキープしているけれど、決して派手ではないというのが、色気のある女性の特徴です。

3.たまにギャップを見せて周りを驚かせる

色気のある女性は、「変化のないものはいずれ飽きられる」ということを知っています。

そのため、時には自分のイメージを覆してしまう行動を堂々と起こしたりもします。

例えば、「清楚なイメージなのに、実は格闘技に熱狂することもある」といったようなことや、

「はつらつとしたイメージなのに、実は涙もろい一面がある」といったようなことを、隠さずに堂々と表現します。

周りの人たちは、そのギャップにしばしば驚いてしまいますが、その反応すらも楽しんでしまうのが「色っぽい女性」です。

そんな「いつもとは違う雰囲気」の虜になってしまう男性もたくさんいます。

そして、「この女性からは目が離せない」と感じるようになり、結果的に多くの男性からモテるようになります。

4.話し方が美しい

色っぽい女性皆に共通しているのが、話し方の美しさです。

言葉遣いはもちろん、声のトーンやテンポ、間の取り方など、全てが美しいのが彼女たちです。

場をわきまえず大声で話したり、相手の反応を無視して早口でまくし立てるような話し方は絶対にしません。

汚い言葉遣いも避けるように気をつけています。

色っぽい女性は、聞き取りやすい声で滑舌良く話し、一言一言を丁寧にゆっくり話します。

そして、会話している相手の反応を常に見ながら、相手が気分良く会話を続けられるような配慮を常に行って話をしようとしています。

この温かさが女性らしさとして伝わり、特に男性から見ると「この女性は色っぽい女性だ」という認識に繋がります。

そして多くの人が、「この女性ともっとたくさん話していたい」という気分になってしまいます。

色っぽい女性というと、「色気を極度にアピールした女性」というイメージを抱いてしまいますが、実はその逆です。

「女性特有のやさしさを持ち、相手をふんわりと包み込むような温かさがある」というものが本物の色気です。

そしてその温かさに加えて、女性であることを存分に楽しみ、自分の外見を常に磨き上げている女性こそが色っぽい女性です。