ユーチューバーになるために実践したい方法

ユーチューバーになるために実践したい方法

幅広い年代に認知されているyoutuber。

中には小学生youtuberもいますが、そんなに簡単にyoutuberになれるのでしょうか。

今回はyoutuberになる方法をご紹介します。

1.なぜyoutuberになりたいのか

趣味として動画をアップしていくのか、職業としてやっていくのか、まずそこを考えましょう。

実はyoutubeに動画をアップすると収益が受けられるようになり、そこで利益を生む方法があります。

人気が出てくると動画収益だけて、それを仕事とする人も年々増えているのです。

ただし、動画収益といっても1再生の利益は到底1円にも満たず、何千回再生されてやっと何百円という感じです。

仕事にするには何万回も再生されるようにならないと厳しいものがあります。

自分が楽しんでyoutubeに動画をアップしていきたいのか、

仕事にするかで動画のテーマも変わってきますので、まずはそこを見極めましょう。

2.動画のテーマを決めましょう

趣味なのか仕事なのかにかかわらず、

youtubeに動画をアップするからには視聴してもらわなければ意味がありません。

そこで視聴してもらうために重要になってくるのか動画のテーマです。

料理系、大食い系、商品紹介系など様々なコンテンツがありますが、

自分のチャンネルをどういう内容にしていくかをまず考えましょう。

出来れば自分が得意なもの、興味があるものに設定するのがいいです。

継続してアップしていくためには自分が動画を作成していて苦にならないことが大切です。

また、軸はぶれない様にしましょう。

商品紹介に設定したのであれば、基本は商品紹介の動画をアップします。

たまに、料理動画を1つ、2つアップするのもいいですが、軸はぶれない様にしましょう。

なぜなら、視聴者は商品紹介の動画をみたいから、

あなたのチャンネルを見ているのであって料理動画を見たいのではないからです。

3.動画を撮りましょう

テーマが決まったら、早速動画を撮りましょう。

最初はスマホで十分です。

現在のスマホの機能は優れていますので、別にマイクや照明を購入する必要もありません。

本格的にyoutuberとして始動していくと決めてから、特殊なカメラなどの機材を購入する形で問題ありません。

動画を撮るときは、声や音がしっかり届いているか、画面がぶれていないか、基本的なことに注意しましょう。

また、大切なのは、youtubeは小学生などの子供も視聴しているということを忘れてはなりません。

悪影響のあるような内容の動画や個人情報などにも気を付けましょう。

一度ネットにアップされると一生消えないということも覚悟して問題ない動画を作成しましょう。

4.動画をアップしましょう

動画を作成したら、早速youtubeにアップしましょう。

前提としてyoutubeのアカウントが必要ですが、アカウント作成は簡単で即時発行できます。

また、収益を得たいと考えている人は別の設定をする必要がありますが、

この登録には数日かかりますので注意が必要です。

アカウントが出来たら、自分のチャンネルの紹介文をしっかり書きましょう。

紹介文をしっかり書くことで動画を見た人がこのチャンネルが、

どういうコンテンツをアップしているのか紹介文をみて、チャンネル登録するかどうかの基準にもなります。

また、動画をアップする前にスマホで撮った動画を編集することができます。

youtubeエディタという無料のソフトもありますし、

そのほか無料ソフトもありますので自分の使いやすい編集ソフトを使って編集しましょう。

人気youtuberの動画は数分の動画が多く、20分を超える動画はあまりありません。

視聴者が飽きない様に適度な長さに変身してアップしましょう。

いかがでしたか。

youtuberになる前にどうしてyoutuberになりたいのか考えましょう。

また、一度ネットにアップした動画は一生ネット上に残るということを覚悟し、

個人情報や社会的に悪影響を及ぼさないかをしっかり見極めてアップしましょう。

人気youtuberと呼ばれる人たちは常識と良識がある人が多く、

そこもyoutuberになるための必要条件でもあります。

そしてなにより、自分が作りたい動画を発信していくことが大切です。

ユーチューバーになるために実践したい方法の関連記事