ストーカーの怖い心理的特徴3個

ストーカーの怖い心理的特徴3個

近年増えてきているストーカー被害。

とても怖い犯罪行為です。

今回はストーカーの心理的特徴についてご紹介します。

1.粘着質で1つのことにこだわりを持って執着してしまう

粘着質な性格な人はストーカーの加害者になりやすいと言えます。

なぜなら、好きになった相手を一度は好意的に受け止めるものの、

別れ話が出た後もその元恋人に執着してしまうからです。

自分と付き合っていた時に「大好きだよ」と言ったはずなのになぜ別れなければいけなかったのか。

それは「おかしいだろう」という思いからストーカー行為が始まる事もありますし、

付き合っていた時にした些細な約束や未来への希望といったものをしっかりと覚えていて、

別れた後も「あの時の約束がまだ果たされていない」という思いからストーカー行為をしてしまう事もあります。

そうなってしまうと相手の気持ちなんてお構いなしで、自分のやりたいことだけをやって終わる人生となります。

男女の間では何か決定的な理由があって別れ話が出るものですが、

お互いが納得いく別れ方をしなければ、ストーカーを行う人はストーキングをやめるきっかけを見つけられず、

ダラダラと元恋人の所へ足を運んでしまうでしょう。

2.自分の思い通りにならないと気持ちを落ち着かせることが出来ない

どんな小さなことであっても自分の思い通りにならない事があると、

どうしても気に入らないと駄々をこねる人っていますよね。

小学生でも我慢できるようなことに対して、自分の思い通りにならないとついつい気持ちが高まって、

暴言を吐いてしまったり、何故できないんだ、と騒ぎ立てるような人です。

恋人に対して何か不満があったり、ストレスが溜まっていたりすると、

恋人に対して気持ちをセーブすることが出来なかったりします。

自分の中だけでおさえきれない感情は、恋人にそのままぶつけようとしますので、

もしも別れてしまったとしてもその気持ちを伝えよう、ぶつけようとしてストーキング行為に走ってしまいます。

ストーカーをする側から言わせてもらえれば、

自分をその様にしてしまった恋人の方が悪いのだという認識がありますので、

自らの行いを間違った行為として反省したり抑えようとする気持ちはないと言って良いでしょう。

3.感情をうまくコントロールできない

欲求を抑えることが出来ない人の特徴として、自分が置かれている状況を考えずに、

TPOを無視して自分の欲求を通そうとする傾向がみられます。

一般的に静かに過ごさなければいけない図書館であったり、病院のような場所にいたとしても、

例えばクレームを言いたいという欲求が生まれたらそれを抑えることが出来ずに、

相手の都合も考えず食って掛かるようにクレームを浴びせるでしょう。

当然声のトーンを落としたり、周りの迷惑になるかもしれないとは考えません。

そんな風に勝手気ままに振る舞う事が出来るのは、自らの感情を上手にコントロールできていないからです。

感情をコントロールできない人は自分が世界の中心になってしまいますので、

恋人や身近にいる人に何か不満を覚えれば執拗に攻め立てようとしますし、

そういった行為に終止符を打つことが出来ません。

自分で悪い事をしている自覚がないのでやめるきっかけが見つからず、

自分がストーカーであるという認識も持っていないと言えるでしょう。

人とのコミュニケーション能力が低すぎる

自分と他人との違いだったり、気持ちの変化に気付けないような人は、

コミュニケーション能力が低い人と言えます。

そういった人は相手の気持ちなど考えないで行動を起こしてしまいますから、

相手が嫌がっているとか怖がっているという事も気づかないで迷惑をかける事があります。

ストーカーはまさに自分勝手の典型であり、他人との関係性を気付くことが出来ない人だと言って良いでしょう。

ストーカーの怖い心理的特徴3個の関連記事